フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 パーソナルトレーナーMさんのトレーニング

お問い合わせ:06-6567-7001

日常レポートお知らせ

  • パーソナルトレーナーMさんのトレーニング

     

    パーソナルトレーナーをされているMさんのトレーニング。

    クラブワン継続10年会員さんのお一人です。

    ご自身の身体管理と野球の競技力向上を目的にクラブワントレーニングを継続して下さっています。

    パーソナルトレーナーという仕事柄、肩甲骨股関節を中心としたクラブワントレーニングの重要性をしっかりと理解して下さっていて、お仕事にも活かしてくれているのではないでしょうか。

    写真左のインクラインプレスでは肩甲骨と共同体として働く胸骨鎖骨周囲の可動域を高め、上半身全体の動きを向上させます。

    胸骨と鎖骨がジョイントしている部分を胸鎖関節といい、上半身の動きを向上させるにはこの部位を動かしておくことが必要不可欠となります。

    胸筋群に間違った負荷のかけ方を繰り返し、過度に肥大を起こすと、胸鎖関節の働きに制限をかけることになりかねません。

    投球動作がスムーズさに欠け、肩や肘に痛みを抱えている方は、胸鎖関節周囲を正しく動かすトレーニングを考えてみるのも一つかもしれません。

    胸鎖関節が肩甲骨と連動してしっかりと働き出すと、上半身のさばき方がとてもスムーズになり、大きなパワーを指先からボールに伝えることが可能となります。

    もちろんこの大きなパワーの源となっているのは股関節です。

    上半身は下半身で生まれたパワーを伝達させる役目なのです。

    こう考えていくと上腕や前腕、また大胸筋などを過度に肥大させる必要性がないことがわかりますね。

    確かにプロ野球選手にはとても大きな上腕や前腕、大胸筋を持たれている選手は数多く存在します。しかし彼らの下半身、特に股関節筋群の強さは上半身とは比べものにならないほどです。

    着目すべきは下半身股関節筋群なのです。そしてこのパワーを上手く伝達出来る、動きに優れた上半身が必要です。

    この辺りを多くの子供たちにも理解してもらえればと思います。

    Mさんは少年野球のチーム指導もされています。

    共に正しいトレーニング・正しい動き作りを広めていければと思います!!

  • 高校一年生 バレーボールOさんのトレーニング

     

    この春から大阪のバレーボール強豪高校に入学されたOさん。

    中学生の頃頻繁に通ってくれていましたが、部活の忙しさで一旦クラブワンを離れられました。

    しかし、日々のハードな練習で膝が痛み出し、一時は階段の上り下りもままならない状態だったようです。

    どのような動きを意識してバレーをしているかを聞き取っていくと、レシーブ動作において、膝を前方に突き出すようなイメージでしゃがみ込んでいたようです。

    この動作は明らかに大腿の前面部に負担がかかり、過度の疲労を引き起こします。このような動作が日々継続されていくと大腿四頭筋が膝蓋骨(膝の骨)を引っ張り出すことで炎症が起き、強い痛みが起こります。

    股関節ではなく、膝関節を主体とした動作形態が癖づいていくこととなるのです。

    膝を中心に動き続け、股関節を使う意識が希薄なため、どんどん動かなくなっていくのです。

    クラブワントレーニングで股関節筋群の動きを引き出し、膝周囲の緊張を緩和させていく必要があります。

    股関節がしっかり動き出せば、膝を前方に突き出すしゃがみ方ではなく、お尻を後方に引く正しいしゃがみ方が出来るようになるでしょう。

    写真左のレッグプレスでは椅子の角度によって強制的に骨盤を立ち上げます。これによって大腿四頭筋の出力を最小限に抑え、ハムストリング~殿筋群の出力をメインとした出力形態をつくり上げていきます。つまり股関節主体の動作形態が身についていくのです。

    Oさん。痛みなくバレーボールが出来るように、しっかりトレーニングしてください!!

  • サッカー 中学3年生 K君のトレーニング

      

    中学3年生でサッカーをしているK君のトレーニングです。

    クラブワンに入会して半年ですが、身体の使い方がかなり良くなってきました。

    特に写真右のスクワット動作は股関節がしっかりと正しいポジションを作れています。

    股関節だけが柔らかくてもこのような動作は出来ません。上半身~体幹の柔らかさも必要不可欠であり、全身の柔らかさと、連動性が向上してきたことによって可能となる動作なのです。

    K君、入会当初は骨盤周囲の筋肉が硬く、股関節を上手く使えていない動きが目立ちました。

    骨盤の後傾が強く、明らかに腰背部に負担のかかる姿勢となっていました。

    しかし時間をかけて各関節ごとに負荷をかけ、動きを引き出すことで、複雑な動作も可能となってきました。

    さて、次はこのスクワット動作に負荷をかけ、さらに難しい動きをしてもらわなければいけません。

    K君!!この調子で痛みのない、しなやかな身体を作っていこう!!

  • JO出場決定!! 羽原恋乃さんのトレーニング

     

    中学1年生、陸上長距離の羽原恋乃さん。

    10月に横浜で開催されるジュニアオリンピックに800Mでの出場が決まりました。

    おめでとうございます!!!

    9月10日に行われたジュニアオリンピック挑戦記録会で優勝、2分19秒74の好タイムを出しました。

    小学生の時から、お父さんとクラブワンに通われ、身体の成長に伴って、動きに磨きをかけてきました。入会当初は身長が届かず、出来ない種目も多くありましたが、今ではほぼ全てのマシンを使いこなしています。

    入会当初と比べても、マシン一つ一つの動かし方が丁寧かつスムーズになりました。マシンでの動かし方が洗練されてくると、実際の動きにも大きな変化がみられるはずです。

    まだ中学1年生。これからどんどん走りが洗練されたモノになっていくはずです。

    羽原さん。ジュニアオリンピックの活躍期待しています!!!

  • Hさんのトレーニング 

    IMG_7434  IMG_7440

    入会されて一年半のHさん。

    一年半という期間の中で、トレーニング来場回数は間もなく400回に到達します。

    これほどの来場頻度でトレーニングを継続出来ると、身体変化も加速的に進むはずです。

    入会当初は、普段意識がいかないような肩甲骨股関節を部位ごとに動かすだけでも精一杯です。しかし継続してトレーニングが出来てくると、肩甲骨股関節への意識はもちろんのこと、それらを連動させて動かせるようになってくるのです。

    その証拠に、クラブワントレーニング中、最も難易度の高いマシンスクワットもとてもスムーズな動きの中で行えています。

    肩関節や股関節をこのスクワットポジションにもって行くのにどれほど時間がかかることか・・・

    どれほど大きな筋肉を持っていても、正しいポジションをとることの出来ない身体では、大きなパワーを発揮出来ません!!

    可動域を高め、関節のポジションを整える、これが最優先です!!

    Hさん!!!一年半でここまで来れているのは素晴らしいスピードです!!

    この調子で更なるレベルアップを計りましょう!!

  • 野球 M君のトレーニング

    IMG_7417  IMG_7423

    中学一年生M君のトレーニング。

    野球のための身体作りと、正しい動作感覚を学ぶためにトレーニングしに来てくれています。

    正しいピッチングやバッティングを可能にするための身体作りは、少しでも早い時期から行うに越したことありません。

    写真左のベンチを使ったストレッチ運動、股関節の動きを良くすることと、殿筋群の柔軟性を向上させます。

    写真右の横腹ストレッチでは体側部の筋群と股関節筋群連動制をもたせながら動かします。

    このような動き作りを行うと、ピッチングやバッティングはとてもスピーディーパワーに満ちた動きとなるのです。

    若いうちに効率のいい動作感覚を覚えておくことは、その後の競技人生に大きなプラスをもたらすことでしょう!!!

    M君!!トレーニング継続して頑張ろう!!!

  • ドラマーSさんのトレーニング

    IMG_7128 IMG_7125

    バンドでドラムを担当されているSさん。

    ご自身の身体の事について、とてもよく理解されています。

    左右の肩甲骨のバランスや鎖骨の位置、それらが骨盤とどのように連動して四肢に影響を及ぼしているのか、このような細かなことまで自覚してトレーニングしてくれています。

    闇雲に身体を鍛えるのではなく、ご自身の癖や関節のポジションを考えながらトレーニングすると、トレーニング効果はより一層高まるでしょう。

    今まで気になっていた肩の左右差、これが実は身体の思いがけない部分が原因となって形成されているということは少なくありません。

    動かしてみて初めて気付く、自分の身体。

    現状を知るということがトレーニングの第一歩ですね!!!

    Sさん。理想のバチさばきを実現するためにもこの調子で頑張って下さい!!

     

     

  • 黒川トレーナーのトレーニング

    IMG_7103 IMG_7109

    現在研修中の黒川トレーナーのトレーニングです。

    約3ヶ月間、基本から応用までみっちりとトレーニングしてきているので、難しいポジションも安定してとれるようになってきました。

    クラブワントレーニングの核となる、スクワットの習得。このためには、全身の様々な関節に正しい動きを覚え込ませなければいけません。

    写真右のハックスクワットを向上させていくためには、股関節周囲の動き作り重要ですが、同時に胸の張り、胸郭の動作改善が必要不可欠になってきます。

    写真左のインクラインプレスをハックスクワットと組み合わせる事で、安定した胸の張りが可能となります。

    胸の張りがとれてくることで、股関節の負荷を受け止めるポジションがより深く安定したものとなります。

    ここをクリアーすれば、最も難易度の高いマシーンスクワットに挑戦です。

    黒川トレーナー!!間もなくマシーンスクワットです!!この調子でトレーニング継続して下さい!!!

     

     

     

     

     

     

  • 瀬藤トレーナーのトレーニング

     IMG_7048 IMG_7044 

     現在、トレーニング研修中の瀬藤トレーナーです。

     初めてのトレーニングですが、研修中は集中的にトレーニングするので、身体が大きく変化していく

     のを実感出来ると思います。

     肩甲骨股関節といった身体の最もコアな部分をこれほどまでに意識してトレーニングするのは

     初めてではないでしょうか?

     硬化していた大筋群が動き出し、全身の連動制が実感出来て、初めてクラブワントレーニングの

     本質が理解出来るのです!!!

     理論と感覚を合致させながらトレーニングを進めることはとても大切なことです。

     

     

     

  • 入学間近!ジュニア特集3~野球 西川晃成君のトレーニング~

    image1  image2

    西川三兄弟の末っ子、晃成君。

    二人のお兄ちゃんに続き、クラブワン卒業です。

    小学四年生から通い続け、六年間トレーニングしました。

     

    最近は高校入学に向けて、下半身の強化を重点的に行い、

    そして強化された下半身のパワーをスムーズに上半身に伝えるために、

    体幹~肩甲骨の動き作りを実施してきました。

     

    写真のレッグプレスでは400kgまで動かせるようになりました。

     

    もちろん、むやみやたらな筋力強化ではなく、

    股関節の動きを最大限引き出しながら、正しい動きづくりを目的とした強化です。

     

    入学前にこれだけの負荷をかけて動きづくりが出来ると、

    春先からのパフォーマンスが楽しみですね!!!

     

    晃成君!!!六年間お疲れさまでした!!!

     高校野球での活躍期待しています!!!

12