フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 クラブワン未来モンスター (木本)

お問い合わせ:06-6567-7001

日常レポートお知らせ

  • クラブワン未来モンスター (木本)

  • Uさんのトレーニング(竹林)

    トレーニング目的

    :柔軟性・可動域の向上&フルマラソン復帰へのリハビリ:

     

    Uさんは週2~3回の頻度でトレーニングを頑張っています。

    3年程前に足首の手術をして身体の連動性や股関節周辺の

    柔軟性・可動域が重要になると痛感されたそうです。

    現在はリハビリも順調に進み毎日のラジオ体操・3キロ走

    休日は10キロ~15キロを走れるまで回復しました。

    トレーニングでも末端操作の走りにならないように

    体幹の一部でもある股関節周辺から動かせるようなトレーニングも

    問題なく実践できているので充実感があると思います。

     

    走動作種目は何回も片足に体重を乗せていき移動を繰り返していきます。

    足首に問わず、身体への負担はかなり大きいものになるので

    フィジカル面にも着目してトレーニング計画を立てることをおすすめします。

     

    まずはフルマラソンをしっかり走れるように

    これからもUさんのトレーニングは続きます!!

     

     

     

     

     

     

     

  • Kさんのトレーニング(竹林)

    クラブワンに通い始めて3年を迎えるKさん

    肩凝り・腰痛改善・筋力強化が目的でトレーニングを

    頑張っています。

    入会当初から現在で体重が10kg増えて適正な数値になり

    体調を崩すことがほとんどなくなり、身体も動かしやすく

    なったそうです。

    何よりジムに通うようになって規則正しい

    生活リズムが身に付いてお仕事も順調に

    働けているとのことです。

    一人一人生活環境に違いはあると思いますが

    自身の中でのベストな生活習慣を身に付ける

    ことが大事なのでしょう!!

    Kさんの今後の目標は

    これからも健康で暮らせるように

    ジムに通い続けることです。

    とてもシンプルな目標ですがなかなか継続することは

    難しいものがあります。

    これからもスタッフ一同サポートしていきます!(^^)!

     

     

     

     

     

  • 2022日本室内陸上競技大阪大会(竹林)

    3月12日(土曜日)

    大阪城ホール

    2022日本室内陸上競技大阪大会

    当施設のジュニア会員様が出場したので

    コーチとして同行してきました。

    出場種目

    U16男子60mハードル

    8秒81 予選不通過

     

    初めての全国大会・ハードル種目を始めて一年での出場。

    結果はどうあれ良い経験になったのではないでしょうか。

    レース後、珍しくまだまだ実力不足でした。また頑張ります!!

    いつもは本人から一言も言わないのにこの日は悔しいそうに言ってきました。

    今大会を走ってまた一つ成長を感じれたので嬉しい限りです。

    また夏の全中大会出場して今回以上に走れるように

    少しずつ頑張ってくれるでしょう。

    今後の成長・活躍が楽しみです。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • Oさんのトレーニング!!(竹林)

    :当施設利用目的:「運動不足解消」「バランス改善」

    クラブワンに通い一年が経とうとしているOさん
    入会当初は継続して通えるか不安だったそうですが

    トレーニングを続けている方がその日の寝付きが良い

    ピラティスで苦手な動きが少しずつ改善していくことが

    身体に対して変化も体感出来ているそうです。

    継続するモチベーションにもなり
    今では最低でも週2回を目安に来館されています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    写真は基礎体力向上、背中を使いやすくする為の

    トレーニングになります。
    レッグプレスマシンで背中と股関節の連動を出しながら

    自体重でコントロールをするバックキックの種目で動作練習をしています。

    次のOさんの課題としては肩周りのバランスを整えることだそうです。
    方向性としては引き続き、マシンで連動性を出しつつ自体重メニューで

    動作の練習を行う融合トレーニングがメインになります。

    出来ないことが出来るようになったり

    負担をかけないような動作を身体に覚え込ませることが出来れば

    自然と肩・首こりやぎっくり腰を引き起こすことがなくなるので

    より良い日常生活を過ごせます!!!

    更にトレーニングがもっと楽しくなるので

    これからもコツコツ頑張りましょうね(^ω^)

  • 野球Tくんのトレーニング(竹林)

    スポーツ競技:野球(ピッチャー)

    当施設の利用目的:競技力向上・柔軟性・可動域向上・走力アップ:

     

    週3~4回クラブワンでトレーニングをしているTくん。

    今年の春から名古屋の高校へ進学して甲子園を目指す球児です。

    (ちなみにクラブワンではTくんのように進学まで短期でトレーニングに

     来てくれる学生も多数います。過去にクラブワン卒業生で

     実際、甲子園に出場した学生もいます。)

    この日のTくんがメインとしたトレーニングは

    ピッチング動作とトレーニングの動きをリンクする為に

    腸腰筋に着目をしてトレーニングを行いました。

    種目名:バックスイング捻り:

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    腸腰筋は腰椎と大腿骨を結ぶ筋群で腸骨筋と大腰筋が関連しています。

    主に股関節を屈曲(脚を上げる)させる働きをします。

    そして腸腰筋はの上半身・下半身の繋ぎめになり連動にも

    関連する筋肉になるので注目すべき点になると考えられます。

    バックスイング捻りはTくんの目的である柔軟性・可動域向上・走力アップに

    必要な種目と言えるでしょう。

    他の種目でも日頃使えていない部分を刺激させて

    全身が動けるようにして野球の練習とトレーニングを

    リンクしてもらいたいですね!!

    残り2か月Tくんがどこまで仕上がるか楽しみです。

     

    :余談:

    スポーツに問わず腸腰筋は身体を保持する筋肉でもあるんので

    姿勢が気になる方や、足のバランスが気になる方も少し

    意識してトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか?

    腸腰筋のことで気になる方は竹林までお尋ねください!

  • 肩のリハビリトレーニングをするHさん (竹林)

    スポーツ歴:野球・マラソン:

    当施設の利用目的:競技力向上・ケガをしない身体づくり:

    今回はクラブワンに通われて4年目のHさんの

    トレーニングをご紹介していきます。

    この日は野球に特化した肩周辺のNEWトレーニングを行いました。

    Hさんのポジションがピッチャーということもあるので

    投球動作に近い中で、動きの練習や

    肩周辺の補強運動をセットにしてトレーニングを実施しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    野球に問わず、競技力向上を目指す為には

    バランスの取れたトレーニングを!!!

    力を発揮するには「全身を使えること」

    全身を使うには「力」が必要になります。

    これからもHさんのトレーニングは続きます。

     

    ちなみにHさんは来年の2月に開催される

    大阪マラソンに出場されます。

    春から秋までは野球、マラソンシーズンに

    なるとガッツリ走られます。

    意味は違うかもしれませんがクラブワンの

    【二刀流会員様】ですね。。。。。(笑)

    皆さん応援よろしくお願いします。

     

    今回のトレーニング詳細は

    クラブワンのインスタグラムにて投稿しております。

    ご覧ください(^^)/

    ***********************

    クラブワンインスタグラム

    ☝CLUBONEインスタグラムはこちらをクリック☝

    :いいね👍・フォロー 😀 :大歓迎\(^o^)/

    ***********************

     

  • 100m10秒台を目指すNさん(竹林)

    陸上競技(短距離専門)

    当施設の利用目的:競技力向上・柔軟性・可動域向上:

    Nさんはクラブワンに通われて8年になります。

    ベテラン会員さんの一人になりつつありますね・・・・(笑)

    お住まいが遠い中でも時間を作って夜勤明けや休日を使って定期的に

    来館されています。

    本日のメイントレーニングは前日に走り込みを行い

    特に殿筋群(お尻)・下腿部(ふくらはぎ)の

    疲労や張りが抜けないということなので

    主にこの2つの種目を徹底的に行いました。

    *********************

    トータルヒップマシン(アウター)

     

     

     

     

     

     

    レッグプレス(エコノミーLP)

     

     

     

     

     

    ***********************

    瞬発的・連続動作を行うようなスポーツは

    腰部や殿筋群・ハムストリングス・ふくらはぎ等に

    疲労が蓄積されやすくなります。

    疲労が溜まったまま走り込みを行うと走動作中の力みを起こしたり

    出力をかけるタイミングがずれて肉離れ等のケガを引き起こす原因にも

    なるのです。

    トレーニングで身体の修正を行う為にアウターでは骨盤・股関節周辺の

    筋肉に刺激入れてレッグプレスでは腸腰筋に余分な負担をかけず

    ハムストリングスに刺激を与えながら同時に体幹で負荷を

    受け止め自然な反動で動かせるように意識をしてトレーニングをしました。

    基盤となる部分がしっかり動けばリセットされるのでまた走る為の技術練習や

    走り込みの練習が出来るのです。

    Nさんの目標となる10秒台まであと0.2秒です。

    近いようで遠い10秒台!!

    ですが、彼は最近、同じ30代でも10秒台で走る方が何人もいるから

    自分にも可能性はゼロではないと思うので走れる限り頑張りたいです!!と

    向上心・ポジティブに捉えるところ本当に凄いです。

    僕も指導者でありながら選手でもあるのでいつも刺激を受けています(>_<)

    年齢も近いので僕も自己ベストの10秒82以上を更新出来るように

    トレーニング・練習をして負けてられませんね!!!(笑)

    今後もNさんの10秒台チャレンジを応援してサポートをしっかりしていきます。

    皆さんも陰ながら応援の程宜しくお願い致します\(^o^)/

  • ウォーキングについて(竹林)

    運動を行う際に手軽で簡単な運動

    「ウォーキング」

    でもこんなことはありませんか??

    ・息がすぐに上がる

    ・肩が凝る

    ・脚や膝が疲れる

    なぜこのようなことが起きるのか??

     

    それは必要以上に腕を振って歩いたり

    膝を高く上げて大股で歩こうとしているからです。

     

    一見、ダイナミックな動きで運動量はあると思いますが

    ウォーキングとは主に体脂肪燃焼や体質改善、生活習慣病予防に効果的な運動です。

    息が上がったり・痛みが出るようでしたらウォーキングではありません。

     

    長く歩けて、痛みが出ないように歩くには

    *上半身の体幹部が回旋しないこと*

    *着地する足に身体を乗り込ませる*

    この2点がポイントになります。

     

    ウォーキングは必要以上に力を入れないように

    することが大切です。

    これがジョギング・ランニングに繋がってきます。

     

    是非、参考にしてみてください。

    詳しくは竹林までお尋ねください(^^)/

  • ダッシュについて(竹林)

    ダッシュで大事なことは

    ほとんどのスポーツに共通する部分があります!!

    接地した足の力を前方向へ変えることができるか??

    これに尽きるのです。

    ただ、ひたすら走り込みをしても身に付きません。

    なので陸上選手は力の方向性を磨くために色々な道具を使ってフィジカルトレーニングが

    主になるのです。

    例えば・・・・・・

    *ミニハードルドリル*

    (腿上げ・スキップ・走り抜けなど・・・・)

    *ハードルジャンプ(ジャンプ系ドリル)*

    内容の目的によりますが上記のトレーニング種目は

    ベーシックなものであり実践しやすい練習になります。

    ミニハードルやハードルを設置し、間の区間の接地時に

    どのように力を前方向に持っていくと進みやすいのかを考えながら

    トレーニングをしているのです!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    地味なトレーニングですがとても重要なポイントになります。

    是非、試してみてください。

    詳しく聞きたい場合は竹林まで

    よろしくお願いします。