フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ジョギングについて(竹林)

お問い合わせ:06-6567-7001
ジョギングについて(竹林)

日常レポートジュニア

  • ジョギングについて(竹林)

    体力づくり・有酸素トレーニングで

    ジョギングをされる方は多いと思います。

     

    走ってみるとふくらはぎが張る!腰の周りが張ってしまうような

    ことはありませんか???

     

    それはなぜなのか??

    原因として3つの例が挙げられます。

     

    :無理に脚を前に出そうとしている

    :地面を蹴りだしている

    :骨盤・股関節の意識を強調して走っている

     

    *下半身を主体にして走っているからです*

     

    では、どうしたら良いのか???

     

    *腕振りを主体にして連動させることです*

    ジョギング・マラソンこそ

    極力上下動がなく水平移動をして楽に

    省エネルギーで走ることが重要です。

     

    八の字を描くように腕振りをして下半身の動きを

    コントロールすることがポイントです!!!!

     

    更に詳しく深く知りたい方

    竹林まで質問ください!!!

     

    スプリントレッスン以外にも

    楽に省エネルギーで走れるようになる

    パーソナルレッスンも受け付けています\(^o^)/

     

  • ハイパーボルトについて‼ (木本)

    整骨院での治療にも使われるハイパーボルト。

    細かい振動は筋肉をほぐすだけでなく、関節面を動かすことが出来る優れものです。

    緊張が強く、こわばっている関節は動きが出にくくなっています。そこで、その部位に細かい振動を当てることで、関節面を揺らし、関節運動自体を滑らかにします。この関節の動きが改善された状態でトレーニングをすることで筋肉が正しく動きやすくなり、機能が改善します。

    それだけではありません。

    例えば股関節の動きが良くなった状態でスクワットを行うとしましょう。左右のバランスが良くなるだけでなく、しっかりしゃがむことも出来るようになります。これが何を意味するか分かりますか?トレーニングの効率が上がるのです。筋肉も付きやすくなり、代謝も上がります。脂肪燃焼効果も上がります!!

    いいことばかりですね~。

    ハイパーボルトだけではすぐ元に戻るので要注意ですよ。トレーニングと組み合わせるから効果倍増なんですよ(笑)。

  • 足の早い人の見分け方

    足の早い人はどこが優れているのか??

    誰もが気になるところではないでしょうか??

     

    才能?・筋力??・走り方???

    色々な要素はありますが

     

    1つの考え方として・・・

    *片脚の接地時(立脚期)に頭~足首まで体重が乗れているか!!!!

             ↓ ↓ ↓

     

     

     

     

     

     

     

     

    立脚期に体重が下に潰れないように

    体幹(お腹・骨盤・膝・足首)で負荷を受け止めて

    前方へ推進力を生み出しています。

    =地面を蹴らなくても反発が生まれて反対脚の膝が前に出てスイスイ走れるのです!!

     

    足の早いスプリンターやランナーには

    このような部分がピカイチに優れていると

    考えられます。

     

    是非、日常やテレビで「足の早い選手」と「走ることが苦手な方」の走りを

    見比べてください!!

    なるほどと思いますよ(^^)/

  • 力の共存‼  (木本)

    (力を抜くということについて)

    スポーツをしていてよくありませんか?「力んでしまった。」「力が入ってミスしてしまった。」逆に「リラックスして結果が良かった。」「力まずに練習通りにできた。」このように力まない事の大切さは皆さん感じていると思います。しかし力が抜けているという言葉は意外と奥が深いのです。力が抜けているとは、完全脱力ではなく、出力の中に脱力がある状態、出力と脱力の割合を無意識にコントロールできている状態なのです。出力と脱力のどちらかの力だけが存在するのではなく、そのどちらも存在する「力の共存」と表現すればわかりやすいかもしれません。

     

    クラブワンのマシンも負荷を返す時に力が抜けやすくなる構造になっています。但し間違えやすいポイントがあります。力を抜くために「勢いよく負荷を跳ね返してしまうこと」です。勢いよく負荷を跳ね返すとその直後に負荷が無くなり完全脱力したように感じますが、それでは、力の共存は起こっていません。負荷を返す時は一気に跳ね返すのではなく、徐々に元の位置に戻すように動かしてみて下さい。違う表現をすると、負荷を返す時の力の入り方が、100➡0になるよりも100➡90➡80➡…20➡10➡0になるようにしましょう!!

    こうすることで出力と脱力の割合が徐々に変化する力の共存状態でトレーニングできます。結果、力の抜けた動作を獲得するとともに、筋肉・関節のコンディションが改善されます。

    気になる方はトレーナーまで質問してください!!

     

  • 運動を始める前にすべきこと

    体を作りたい!
    スポーツのパフォーマンスを上げたい!!
    
    トレーニングやスポーツを初めて始めることにあたって
    まず一番最初に皆さんは何から始めますか?
    
    モチベーションが下がらない内に
    トレーニングを開始たり
    スポーツを始めることが多いでしょう。
    
    なんでも取り組み始めは変化があるので
    楽しいものです。
    
    しかし、必ずスポーツ・体づくりでも
    停滞期があります。
    そうなると運動に対するモチベーションが下がり
    長続き出来ずに途中で離脱することがあります。
    
    では、なぜそうなるのか?
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    それは始める前に
    「情報収集」「計画を立てる」「土台を作る」
    この3つが欠けているのです。
    
    「情報収集」
    目的に対して
    何が必要なのか?
    どうようなトレーニング・練習をしていくことが良いのか?
    食べ物はどのような物が良いのか?
    正解、不正解はないので
    まずはどんどん色々なことを頭に情報として入れていきましょう!
    
    「計画を立てる」
    情報収集したことを
    出来る範囲で時期やタイミングを図って
    どのように取り入れていけばいいのか?
    どのような成果が出てくるのか?
    想像をしながら計画を立ててみましょう!
    
    
    「土台を作る」
    情報、計画が出来たら
    あとは体現をしていき取り組んでいくのみ!
    身体の基盤となる部分を作ります。
    必要とする部分だけを反復しています。
    
    これで体づくり、パフォーマンスを上げる条件は揃いました。
    途中での離脱する割合も減ります。
    
    自分なりの習慣、自覚が完成していくのです。
    自分なりに長く続けられる方法を
    考えることが大事になるのです。
    
    今回は運動を始める前にすべきことを
    僕からのアドバイスでした。
  • 股関節のつまりはスクワットで解消!! (木本)

    スクワットは身体を鍛える種目だと思っていませんか?

    確かに体幹や脚などしっかり鍛えられるトレーニングの王様です。

     

    その中でもクラブワンのスクワットは、

    負荷をコントロールする事を重視しています。

    コントロールするとは下降するスピードと上昇するスピードを調節する事。

    受け止める時、負荷を返す時に粘っこく動くイメージです。

    力を入れるだけではなく、負荷を柔らかく受け止めることを意識しましょう!!

    筋トレをしているようでコンディショニングを行ったような効果が期待できます。

    股関節の硬さに悩んでいる方は軽い負荷からでもいいのでスクワットしましょう!!

     

     

     

  • 走りのポイント(竹林)

    競技スポーツを行う中でトレーニング時に

    走ることは多いのではないでしょうか??

     

    陸上短距離選手のような爆発的なダッシュ力を身に付けるには

    かなりの技術・走り込みが必要になりますが

    他競技のダッシュ・ランニングトレーニング時に

    効率よく走れるポイントをお伝えします。

     

    1・腕振りと脚の切り替え(シザース動作)タイミングが合っているか

     

    2・身体の反動(反発)を感じる軸が確保できているか

     

    非常にシンプルですがこの2点が大事になります。

     

    歩幅が狭いから大きく走ろう

    ダッシュ力がないからもっと素早く動かそう

    もっと膝を高く上げよう

    など・・・・・・・・

    余計に力が入って逆に疲れる・前に進まない

    どのスポーツもそうですが

    考えれば考えるほど悪循環なことが

    起きるケースが多く見られます。

     

    走ることもまずはシンプルにです。

     

    身体に抵抗をかけないようにスキップをやってみましょう!!

    スムーズに前に進むことが出来たらそれがあなたにとっての

    走りに必要な2つのポイントをクリアしたことになります。

     

    当たり前なスキップですが身体能力をコントロール出来る

    万能エクササイズなのです。

  • 肩の痛みについて (木本)

    肩の痛みについて基本的な考え方を説明します。

    まず、次の画像を見てください。

    上腕骨が上に上がるには関節内で下方向の滑りが必要です。この滑りが少ないとどうなるでしょうか?

    このように関節内の滑りが起こらずに、ポジションが崩れて当たってはいけない場所にぶつかってしまい痛みが出るのです。この滑りが出ない原因を特定しトレーニングメニューを組みます。簡単に言うと上についている筋肉が強くて、下についている筋肉が弱いとこういう動きになります。原因は肩甲骨の動きが悪い場合もありますし、動きを阻害する硬い筋肉の存在もあります。逆に動きをコントロール出来ない筋肉の弱さもあります。このように原因を探りながら根本から改善します。改善するためにイメージを持つことは大切です。まずは骨がこんな風に動いているとイメージしながらマシンを動かしてみて下さい!!

  • 初速のスピードを上げるには(竹林)

    スポーツの中で初速のスピードを上げたい!!!

    野球であれば「走塁」

    サッカーであれば「初動作を素早く」

    陸上競技であれば「スタート」などなど・・・・・・

    このような点で数多くの方が悩まれているかと思います。

     

    さて、どのようにして修正していくことがいいのか????

    一般的には「腕の振り方」「脚の動かし方」「重心のかけ方(乗り込み方)」を

    コーチさんは指導されるかと思います。

     

    私の指導は身体の使い方は二の次で

    臀部で支えて臀部で押す

    まずはこの動作を徹底的にドリル形式で

    身体に覚え込ませる指導をしています!!

     

    臀部で地面を押すことが出来ればあとは余計な

    動作は要らなく無操作で動作が完結されるのです。

     

    腕をしっかり振っても、脚を蹴っても、乗り込むなどの意識を

    すればするほど末端操作となり力みが生じるので

    地面からの力を前方歩行へ変えることが難しくなり

    初動作を素早くしたり・スタートを速く走ることはできません。

     

    日常生活からの練習方法として

    歩き方・階段の登り方でも

    前に振り出す・前に乗り込むの意識を

    外して後ろ脚の臀部で押して

    歩く・登るを行ってみてください!!!

     

     

     

     

  • 足底筋膜炎について (木本)

    「足底筋膜炎」


    足底腱膜は踵とつま先の間に弦のように張っており、衝撃吸収をしているとされています。ランニングや体重増加などで足底腱膜に多くの負担がかかると、かかとの付近で小さな損傷が起きます。朝の起床時に床にかかとをついた際に鋭い痛みを感じる人が多いです。痛みの発生源となるのはかかとのやや内側よりやや前方の部分です。起床後は動かすにつれて痛みは弱まることが多く、朝の支度をしているうちに忘れてしまうということもあります。しかし日中に椅子などに長く座った後に立ち上がった時には再び症状を感じることがあります。

    この症状で悩んでいる人は意外と多いです。

    一般的に紹介される治療法はストレッチ。足首を柔軟に保ちたいからですが、「柔軟性を上げる=ストレッチ」と考えるのは間違いです。

    症状の出ている足底筋膜には、伸張性のストレスにさらされています。その引っ張られて症状が出ている筋肉にストレッチをかける。治るわけありません。他の部位のみストレッチをかけて足首の柔軟性を高めるなら問題ありませんが、なかなか難しいでしょう。そんな時は踵骨を足底側に押さえて伸張性のストレスを軽減させてみましょう。緩めてあげることが柔軟性を取り戻させます(*やり方がよくわからなければジムで木本に聞いてください。)。クラブワンのトレーニングメニューもストレッチしているように感じるかもしれませんが、それよりも反対側の緩む部分を狙っていることが多いのです。どこを緩ませるかを考えてメニューを作っているんですよ。

    でもこれもまだ対処療法でしかないんです。
    本当に改善しないといけないのはここから先なのです。
    続きは次回に。