フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 スクワットは前後の動き!! (木本)

お問い合わせ:06-6567-7001
スクワットは前後の動き!! (木本)

日常レポートダイエット

  • スクワットは前後の動き!! (木本)

    一般的なスクワットは上下に動くイメージありませんか?

    スクワットがシャフトを上に持ち上げる動作なので、

    そう解釈するのは仕方ありません。

     

    しかしながらクラブワンではこう考えます。

    下からシャフトを持ち上げるのではなく、

    シャフトと地面との間に自分の身体(股関節)を入れていきます。

    結果、膝関節よりも股関節を使ったスクワットが出来るのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    股関節という身体の中で一番大きな関節を使うということは

    それがパフォーマンスアップや効率よい動きにつながると容易に想像できます。

     

    スクワットは膝を伸ばすのではなく、

    股関節を前方に送って、股関節を伸ばすことが重要です。

     

    この動きをスムーズに行うために、

    肩甲骨周りを動かし、胸のポジションを矯正したり、

    骨盤周りを矯正してるんです!!

     

  • ~アイアンクロス~(竹林)

    こんにちは。

    今回のトレーナー通信は

    難しいマシン種目の一つと言われている

    アイアンクロス」についてを投稿していきます。

     

    このマシンはどのような効果があって

    どうように動かしていけばよいのでしょうか???

    すごくわかりにくいですよね!!

     

    まず、このマシンは僧帽筋・首の筋肉・三角筋の柔軟性を高めることが目的です。

    重度の肩凝りや首凝りの方でも力みがない状態で安心して行えるマシンとなります。

     

    一番の問題はここからです。

    どのように動かせばアイアンクロスを効果的に行えるか??

    (写真:1)

     

     

     

     

     

     

     

    (写真:2)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (写真:3)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    大事なのは、マシンの動く軌道を考えて

    基点となる肘で動作を行えるかなのです。

     

    (写真:1)アイアンクロスマシンの軌道は、上下ではなく斜めの軌道になっています。

     

    (写真:3)は動作中、肩・肘・手首が垂直ではありません。

    これでは、末端運動が強調されるので肩甲骨の動き・胸郭運動が困難になり

    効果的にトレーニングは出来ません。

     

    (写真:2)は肩・肘・手首が垂直になっています。

     

    動作自体の動きは上下運動が強く見えますが、実際はマシンの軌道に合わせて

    動かしていくので斜め方向の上下運動をイメージしながら動かすことが

    アイアンクロスを効果的に動かすポイントになるのです。

     

    ワンポイントアドバイスになりますが

    アイアンクロスマシンの効果・特徴となります。

     

    是非、参考にして試してみてください。

    新しい感覚でトレーニングが行えると思います。

  • 涼しげな表情 (木本)

    野球やゴルフに限らず、何かスポーツする際に

    「力が入ったなぁ」と感じる瞬間を経験したことないですか?

     

    私なんかは、ペンで字を書くときにすら力が入るくらいです。

    必要以上の力は疲労を生みます。効率の悪い動作です。

     

    トレーニングも同じです。負荷に対して必要以上の力を入れないことやいきなり力を入れようとしないことが大事です。

    かといって、力を抜くとか、やわらかい動きとか言っても難しいですよね。

    そんな時お薦めなのが、こちら☟

     

    どんない重たい負荷を扱う時もまず

    「涼しげな表情を作ること」

    から始めてみましょう!!

    表情を変えるだけでも動きの質が変わりますよ!!

  • ~3つのサイクル~(竹林)

    こんにちは。

    今月のトレーナー通信は

    身体を機能回復させる為に必要とされる

    「3つのサイクル」について投稿をしていきます。

     

    早速、どうすればよいのか???

     

    ①*柔軟性

    ②*可動性

    ③*筋力

     

    ↑↑①~③が大事なのです!!

     

    順番も大事となり順に、柔軟性(ほぐす)→可動性(動かす)→*筋力(支える筋肉を補強する)*

     

    通常、不良姿勢ならばほぐしたり、動かしてバランスを整える。

     

    確かに柔軟性・可動性は絶対的必要な要素で

    一時的には改善されます。

    ただ、これでは根本的に改善されません。

     

    大きい部位をほぐし・動かしたりして小さな部位は筋力補強をさせることがポイントなのです。

     

    例を挙げるなら*肩こり*

    肩こりに一番関与している僧帽筋に着目をしていきます。

     

     

     

     

     

     

    画像を見ると大きな筋肉で首~肩甲骨の下の方まで繋がっています。

    (僧帽筋は3つの部位に分かれていています。上部:中部:下部

     

    どのようにアプローチをするのか???

    上記、3つのサイクルに合わせていくと

    僧帽筋上部→ほぐして、動かす

    僧帽筋中:下部→筋力の補強をする

     

    どれだけ上部をほぐしたり・動かしたりしても

    中:下部が支える筋力として機能していないと

    時間が経つにつれて維持をすることが困難になり

    結局、元に戻ってしまうのです。

     

    筋肉の位置を把握して

    支えとなる部位を補強することが大切です。

     

    3つのサイクル!!

    機能改善をさせる手法の1つです。

     

    肩こり以外にも気なることがありましたら

    竹林までお声かけください。

    よろしくお願いします。

  • ~頭の中に抑えておきましょう~(竹林)

    トレーナー通信17作目。

     

    コロナウイルスにより長い休館を終えて

    再開された時に、少しでもポイントを抑えた状態でトレーニングを

    行うと質が高まります。

     

    そこで、今回は再確認として

    クラブワントレーニングポイントについて投稿していきます。

     

    *力を常に込めてマシンを動かさない*

     

    *全ての回数に対してポジションの位置をバラバラにしない*

     

    *ストレッチ感覚でマシンを動かない*

     

    *末端を中心とした動かし方をしない*

                ↓ ↓      

    負荷を受け止める(負荷を逃がすのではありません)

     

    どのマシン・動きにも共通されるポイントです。

     

    ポイントが抑えられて、初めて肩甲骨・股関節

    徐々に自動化的に動かされるようになり

     

    ◎身体がラクになる◎

    ◎凝り感や張り感が緩和される◎

     

    などのトレーニング効果が表れるのです。

     

    1ヶ月以上トレーニングから離れると身体から動きは忘れてしまい、

    復帰されていざ、動かそうとするとクラブワントレーニングマシンは

    いきなり正確に扱うのは難しいものがあります。

     

    なので、私達トレーナーがいます。

     

    各、個人の体の状態によって柔軟性・可動域は必ず違いがあります。

    マシンの負荷を受け止めるタイミング・負荷を逃がすタイミングも

    当然、違います。

     

    復帰された時に不安な方は、フォームチェックなどさせていただきますので

    6月からのトレーニング再開を願い、そして皆様が少しでも快適に

    効果的にトレーニングを行えるように努めていきますので

    宜しくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • ~自宅トレーニング~(竹林)

    こんにちは。

    トレーナー通信16作目。

    今回は自宅でも場所を取らず

    簡単に身体を動かせるエクササイズをご紹介していきます。

     

    ①     「立位ライニング」15回

               ↓↓

     

     

     

     

     

    *ラットマシンを行うようなイメージで

     上部の肩は、リラックスして肘を外に逃がすように

     リズムよく上下に動かしましょう*

     

    ②   「前傾スクワット」15回

                    ↓↓

     

     

     

     

    *椅子などを用意して頂き、クラブワン基本動作スクワットを行います。

    背中は真っすぐにして、お尻が下に下がらないように平行に移動させます。

     同時に膝は、つま先より前に出ない範囲でリラックスして下さい。

     後ろ太もも(ハムストリングス)が伸ばされている感じがあれば

     問題ないです*

       

    ③ 「骨盤引き上げ」 20回

                    ↓↓

     

     

     

     

     

    *骨盤を上下にスライドさせる運動です。

     骨盤に手を当てて、腰に力をいれないように

     片方に重心移動をさせながら、骨盤を上方へ

     スライドさせていきます。

     腰痛改善・歩行動作改善のきっかけになる1つの種目です*

     

    ④  「ツイストニーアップ」30秒

                          ↓↓

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *肩甲骨・股関節・骨盤を動かしたので

     全身運動を行います。

     対角線上左右おへそのところまで、膝・肘を

     引き付けてましょう。

     引き付ける時に背中が丸くならないのことがポイントです。

     動きは止まらず、リズムよく30秒チャレンジです*

     

    この4種目を3セット~5セット繰り返していきましょう。

     

    「可動域向上」 「有酸素的運動」をミックスした運動になります。

    少しでも、身体の状態を維持できるような

    組み合わせにしています。

     

    根幹部をしっかり動かした後に、全身運動をするので

    セット数を重ねると、徐々に身体がポカポカすると思います。

     

    コロナウイルスに負けない身体作りとして

    ご自宅でも出来るかなと思いますので

    参考程度に行ってみて下さい。

     

  • 継続は力なり!! (木本)

    新年ってこういうこと言いがちですよね。

    でもあえて言わせていただきます。

     

     

     

     

     

    このトレーニングを始めて17年。

    おかげさまで体の衰えはほとんど感じません。

    (回復に時間がかかるのは自覚していますが、・・・。)

     

    そんな私ですが、年末にディップスを動かしたときに異変に気づきました。

    「この重さなら20㌔ぐらいだろう。」

    そう思って動かしながら重りを見ると

    「なんと10㌔!!」

    年末ばたばたしたせいで、1カ月ぐらいトレーニングが出来ませんでした。

    だからと言って、重さを当てられないなんて思っていませんでした。

     

    たった1カ月さぼっただけで、身体の機能が落ちるんですね。

    改めて痛感しました。

     

    あまり間隔をあけないようにトレーニングしましょう!!

     

  • ~レッグプレスマシンのポイント~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第9作目です。

     

    今回は、クラブワントレーニングマシンで欠かせない種目

    エコノミーレッグプレスのポイントについて投稿をしていきます。

     

    トレーニングの効果として

     

    *足がらくになる

    *ヒップアップ効果

    *歩きやすくなった

    *脚に力が入りやすい

     

    色々な効果があります。

     

    なにがそうさせているのか。。。。。。???

     

    特徴である、座席の角度・負荷をお尻で受け止める

    この2点が重要なのです。

     

    ポイントは骨盤です。

    骨盤は、身体の土台となる一部分となります。

     

    トレーニングを行うことで、日常でも骨盤を使う意識が行き届き

    効果を引き出してくれるのです。

     

    レッグプレスマシンを行う時に

    なにげなく座って、脚を動かすのではなく

     

    しっかり座席にお尻が密着しているか、プレートに足の裏全体が密着しているのかを

    確認してから、骨盤で負荷を受け止めること・戻すことを意識してみると良いでしょう!!

     

    基本のエコノミーレッグプレスの延長が応用種目にも

    必ず繋がっていきます。

     

    是非、一度

    レッグプレス種目を行う際に確認してみてください!!

     

  • ~こんな方にもおすすめ~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第8作目です。

     

    今回は、クラブワントレーニングを行うにあたって

    こんなお悩みの方にもおすすめ!!について投稿していきます。

     

    クラブワントレーニングの特徴として

     

    ・低負荷でのトレーニング

    ・力が入る瞬間が少ない

    ・一定のリズムで動かす

     

    このようなポイントになります。

    ホームページを観ると、マニアックなトレーニングと思いきや

    実は、手軽に行えて即効性のあるトレーニングなのです。

     

    スポーツを行ってる方、身体の機能性を高めたい方はもちろんですが

     

    *身体を動かしたいけど、どのように身体を動かせばいいのか??

     スポーツ・ジムの未経験の方!!

    *なにをしても疲れが取れない方・溜まりやすい方!!

     (自律神経の乱れ)

    *短時間で、身体のスッキリ感が欲しい方!!

     

     

    クラブワントレーニングで、運動習慣を身に着けるきっかけにしてみませんか??

     

    個々のペースにあわせて

    ご指導をさせていただきます!!!!

     

    身体の根本から動かすので、運動の重要性がいかに大切かを

    知れるのではないかと思います(^^)/

     

     

     

     

  • ~身体スッキリエクササイズの紹介~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第5作目です。

    今回の投稿は、身体スッキリ簡単エクササイズの紹介をしていきます!

    用意していただくものは

    バスタオルです。

    バスタオルをロール状に作ります。

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

     

     

     

     

     

      

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

     

     

     

     

    バスタオルストレッチ

    上の画像のように

    背中にバスタオルを縦向きに置きます。

    仰向けで寝たら両膝を立てて両腕をバンザイしましょう。

    あとは2分程度鼻で息を吸い、口で息を吐きます。

    手軽で簡単に行えるかと思います!!

    このエクササイズは主に背中・胸周りのスッキリ感を出して疲れた身体をリセットされることが狙いです。

    身体が疲れてくると、首・肩・背中にかけて重だるくなることが多くあるでしょう。

    1つの原因として「前鋸筋」「横隔膜」の緊張によるもので

    内臓自体も下へ下がり上半身のバランスを崩すので身体が重だるくなるのです。

     

     

     

     

    呼吸をポイントにしてエクササイズを行うことで

    緊張した筋肉を緩まして上半身全体のスッキリ感を引き出せることができます。

     

    バスタオルストレッチは万能エクササイズなのでリラックス効果はもちろん

    ・スポーツ時の集中力アップ

    ・息苦しさの解消

    ・寝つき改善 

     などにも試すことができます。

    必ず背中・胸周辺の感じが違うと体感できるので

    気になる方は是非一度試してみて下さい!!

     

    今後、このような簡単エクササイズも紹介していきますので

    よろしくお願いいたします(*^_^*)