フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ~トレーニング後のストレッチ~(竹林)

お問い合わせ:06-6567-7001
~トレーニング後のストレッチ~(竹林)

日常レポート肩こり・腰痛

  • ~トレーニング後のストレッチ~(竹林)

    こんにちは。

    トレーナー通信15作目。

     

    クラブワンでは、

    サポートの1つとして、

    トレーニング後にストレッチを行っています。

     

    クールダウンとして

    乳酸等の疲労物質の除去、柔軟性獲得、可動域の増大をはかっているのですが

     

    一つの考え方として

    トレーニングで肩甲骨・股関節をしっかり使えていたのかの

    チェックとしても、ストレッチで確認が出来るのです。

     

    肩・胸・背中周辺のストレッチをメインとするので

    前鋸筋(脇腹)・外腹斜筋・広背筋等の体幹筋に関わる部位の

    捻り運動を加えてストレッチを行い、更に上半身・下半身の連動性を引き出して

    いきます。

     

    ストレッチ終了後は、身体全身がスッキリ!!!!!

     

    肩凝り・腰の重だるい感じも解消できるでしょう。

     

    気になる方、

    是非一度、お試下さい!(^^)!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 下肢のバランス!! (木本)

    コロナウィルスが早く収束すると良いですね。

    予防しつつ、身体を鍛えて、免疫力を高めましょう!!

     

    本日は、レッグプレスを行う時の注意点です。

    基本は、両足は平行にセットし、

    つま先は少し閉じて、膝が中に入らないようにします。

    これにより荷重のラインがまっすぐになり

    効率よく力を発揮することが出来ます。

    さらに細かく見てみると、まっすぐな荷重のラインの中に

    距腿関節の適切な動きが含まれていることがポイントです。

    一見まっすぐに見えても、この部分の動きが出ないポジションでは

    荷重のラインは崩れてしまいます。

    非常に細かいポイントなので、

    興味のある方は木本にお伝えください。

     

    腰痛・膝痛のある方には特に有効です。

    ここを意識するだけで症状が改善することもあるんですよ!!

  • 関節の滑りと転がり!!  (木本)

    トレーニングを行う際に、動いている関節を意識してみましょう!!

     

    関節は関節包という袋の中で包まれ、

    その中は潤滑液で満たされています。

    その接合面は氷のようにツルツルでほとんど抵抗がない状態です。

     

    その抵抗のない面を滑って位置を変えたり、

    回転して位置を変えることが関節運動です。

    骨と骨が滑って、転がって動きが成り立っているのです。

    *軸回旋という動きもあります。

     

     

    その滑らかな動きを、適切な範囲で繰り返すことが

    骨の位置をニュートラルなポジションへ誘導します。

     

    可動域ぎりぎりまで動かさなくてもいいんです。

    滑らかに動く範囲で、関節内の動きを引き出しましょう!!

     

     

  • ~身体のベースづくり~(竹林)

    今年、初回のトレーナー通信。

     

    どうぞ、本年も宜しくお願い致します。

     

    新しい年を迎えて今年は、なにかに挑戦したい!身体の中で、なにかを改善したい!

    こんな想いで、トレーニングをされていると思います。

     

    新しいことに挑戦することは、

    身体のベースを作りあげることがまず最優先とされます。

     

    クラブワントレーニングは、

    特に身体のベースづくりに得意とされています。

     

    今年から、クラブワンのサポート体制も変更しました。

    各会員様の目的に応じたトレーニングメニューを提供させていただくサポートになりました。

     

    是非一度、お話しを聞かせていただき相談をさせて下さい。

     

    コツコツトレーニングを行って

    目標を達成できるように自分自身を磨き上げましょう。

     

    お手伝いしますので頑張りましょう!(^^)!

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 継続は力なり!! (木本)

    新年ってこういうこと言いがちですよね。

    でもあえて言わせていただきます。

     

     

     

     

     

    このトレーニングを始めて17年。

    おかげさまで体の衰えはほとんど感じません。

    (回復に時間がかかるのは自覚していますが、・・・。)

     

    そんな私ですが、年末にディップスを動かしたときに異変に気づきました。

    「この重さなら20㌔ぐらいだろう。」

    そう思って動かしながら重りを見ると

    「なんと10㌔!!」

    年末ばたばたしたせいで、1カ月ぐらいトレーニングが出来ませんでした。

    だからと言って、重さを当てられないなんて思っていませんでした。

     

    たった1カ月さぼっただけで、身体の機能が落ちるんですね。

    改めて痛感しました。

     

    あまり間隔をあけないようにトレーニングしましょう!!

     

  • こわばり!! (木本)

    トレーニング直後に「筋肉のこわばり」を感じたことありませんか?

     

    例えば静的ストレッチをした直後

    筋肉が伸びて軽い痛みを伴うこわばった感じです。

    クラブワンのトレーニングでも重すぎる負荷をかけて

    ストレッチ状態が長く続くとこわばりがおこります。

    この状態は筋肉の緊張が長すぎるのが原因で起こります。

    一時的に柔らかくなりますが、

    時間が経つと以前より硬くなってしまいます。

     

    クラブワンのトレーニングはこのこわばりを起こさないことが大切です。

    負荷が重すぎると十分な弛緩が作れず、緊張が長くなります

    リズムよく動かせる範囲で関節の動きを引き出すことが大切です。

     

    痛いのは長く続かせない方が良いんです!!

     

  • ~レッグプレスマシンのポイント~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第9作目です。

     

    今回は、クラブワントレーニングマシンで欠かせない種目

    エコノミーレッグプレスのポイントについて投稿をしていきます。

     

    トレーニングの効果として

     

    *足がらくになる

    *ヒップアップ効果

    *歩きやすくなった

    *脚に力が入りやすい

     

    色々な効果があります。

     

    なにがそうさせているのか。。。。。。???

     

    特徴である、座席の角度・負荷をお尻で受け止める

    この2点が重要なのです。

     

    ポイントは骨盤です。

    骨盤は、身体の土台となる一部分となります。

     

    トレーニングを行うことで、日常でも骨盤を使う意識が行き届き

    効果を引き出してくれるのです。

     

    レッグプレスマシンを行う時に

    なにげなく座って、脚を動かすのではなく

     

    しっかり座席にお尻が密着しているか、プレートに足の裏全体が密着しているのかを

    確認してから、骨盤で負荷を受け止めること・戻すことを意識してみると良いでしょう!!

     

    基本のエコノミーレッグプレスの延長が応用種目にも

    必ず繋がっていきます。

     

    是非、一度

    レッグプレス種目を行う際に確認してみてください!!

     

  • ~こんな方にもおすすめ~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第8作目です。

     

    今回は、クラブワントレーニングを行うにあたって

    こんなお悩みの方にもおすすめ!!について投稿していきます。

     

    クラブワントレーニングの特徴として

     

    ・低負荷でのトレーニング

    ・力が入る瞬間が少ない

    ・一定のリズムで動かす

     

    このようなポイントになります。

    ホームページを観ると、マニアックなトレーニングと思いきや

    実は、手軽に行えて即効性のあるトレーニングなのです。

     

    スポーツを行ってる方、身体の機能性を高めたい方はもちろんですが

     

    *身体を動かしたいけど、どのように身体を動かせばいいのか??

     スポーツ・ジムの未経験の方!!

    *なにをしても疲れが取れない方・溜まりやすい方!!

     (自律神経の乱れ)

    *短時間で、身体のスッキリ感が欲しい方!!

     

     

    クラブワントレーニングで、運動習慣を身に着けるきっかけにしてみませんか??

     

    個々のペースにあわせて

    ご指導をさせていただきます!!!!

     

    身体の根本から動かすので、運動の重要性がいかに大切かを

    知れるのではないかと思います(^^)/

     

     

     

     

  • ~身体スッキリエクササイズの紹介~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第5作目です。

    今回の投稿は、身体スッキリ簡単エクササイズの紹介をしていきます!

    用意していただくものは

    バスタオルです。

    バスタオルをロール状に作ります。

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

     

     

     

     

     

      

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

     

     

     

     

    バスタオルストレッチ

    上の画像のように

    背中にバスタオルを縦向きに置きます。

    仰向けで寝たら両膝を立てて両腕をバンザイしましょう。

    あとは2分程度鼻で息を吸い、口で息を吐きます。

    手軽で簡単に行えるかと思います!!

    このエクササイズは主に背中・胸周りのスッキリ感を出して疲れた身体をリセットされることが狙いです。

    身体が疲れてくると、首・肩・背中にかけて重だるくなることが多くあるでしょう。

    1つの原因として「前鋸筋」「横隔膜」の緊張によるもので

    内臓自体も下へ下がり上半身のバランスを崩すので身体が重だるくなるのです。

     

     

     

     

    呼吸をポイントにしてエクササイズを行うことで

    緊張した筋肉を緩まして上半身全体のスッキリ感を引き出せることができます。

     

    バスタオルストレッチは万能エクササイズなのでリラックス効果はもちろん

    ・スポーツ時の集中力アップ

    ・息苦しさの解消

    ・寝つき改善 

     などにも試すことができます。

    必ず背中・胸周辺の感じが違うと体感できるので

    気になる方は是非一度試してみて下さい!!

     

    今後、このような簡単エクササイズも紹介していきますので

    よろしくお願いいたします(*^_^*)

  • ~チェストマシンについて~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第4作目。

     

    今回はチェストマシン「スプレッド」種目について

    投稿していきます。

     

     

     

     

     

     

     

    スプレッドは、クラブワンメニューの定番種目となっています。

    肩関節の可動域向上・胸周り・背中周りの柔軟性を高めるマシンです。

    肩こり・首こりの解消・上半身のすっきり感を引き出してくれます。

     ただ、スプレッドの種目は胸が伸ばされてすっきり感が出る分

    伸ばすことを強調しすぎると肩にストレスを与えたり、動きが細かくなったり、止まったりします。

     

    効率良くスプレッドを行う為のポイントとしては・・・・・・・・・・

     

    下肢も使って負荷を受け止める

     

    動かし方に慣れてくると意外と下肢を使うことが薄れてきて上半身ばかりを使うことに意識がいき

    背中が反りかえり胸郭に緊張を起こして効率の良いスプレッドを行うことが難しくなります。

     

    上半身周りのすっきり感を出すには、胸で受け止めるだけではなく

    上半身・下半身で受け止めて動かしましょう。

    身体全体(体幹部)で負荷を受け止めることが大事なのです。

     

     実際の動きは肘パッドから肘が離れない・背中が反りかえらない範囲で動かすことが

    正しい動かし方なのです。

     

    自然とマシンが跳ね返る動きになれば最高です!!!!

     

    スプレッドの種目はもちろんですがチェストマシン全種目

    上半身・下半身を同時に使うということを一度再認識していただければと思います(*^_^*)