フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 クラブワンの日常

お問い合わせ:06-6567-7001
クラブワンの日常

日常レポートアスリート

  • クラブワンの日常

    レッグプレスで様々な変化を!!!

    CLUB ONEの代表的なトレーニングの一つ、レッグプレス。

    レッグプレスと言えば大腿四頭筋の筋力強化。これが一般的ですね。

    CLUB ONEのレッグプレスは、一般的に普及しているレッグプレスとは異なり、

    座席の角度によって、骨盤の前傾を形成させ、ハムストリングス~殿筋群の柔軟性を向上させます。

    写真はこのレッグプレスに様々な変化を付けた種目の数々です。

    上体のポジションを変化させる事で、骨盤位置に変異を持たせたり、両脚から片脚にする事で、より実動作に近づけたり・・・様々なパターンを用いる事で股関節の動きを引き出します。

    動きを第一に考えると、その方法は無限大に広がります!!!

     

  • クラブワンの日常

    肘の故障改善を目的にトレーニングしに来られているF君。

    入会当初は痛みで上半身の種目はほとんど出来ませんでした。

    現在は日常レベルでの痛みはなくなり、上半身のトレーニングも実施しています。

    写真のように肩甲骨の前後運動や上下運動を組み合わせる事で、周辺筋群の柔軟性を高めます。

    肩甲骨が可動性に優れ、機能的な働きをしてくれていれば、肘や手首のような末端部への負担は少なくなるでしょう。

    これは股関節の力をスムーズに末端部に伝える上でも非常に重要なことです。

    F君。どんどん出来る種目が増えてきますよ!!!

    復帰まで頑張りましょう!!!

     

     

  • クラブワンの日常

    トライアスロンのために日々トレーニングをされているOさん。

    CLUB ONEでトレーニングされて、もう10年になります。

    日々継続する事の大切さを教えられますね。

    トライアスロンのような肉体を高強度で追い込まなければいけないスポーツでも、定期的に可動域や筋肉の柔軟性を高めるトレーニングを継続する事で、

    選手としての寿命は大きく伸びるのではないでしょうか。

    むらみやたらに筋肉量を増やしたり、追い込む事だけが目的となったトレーニングではその場しのぎにしかなりません。

    一生続けられるトレーニングがCLUB ONEにはあるのです。

  • エイジングケア~クライミングIさん~

    クライミングをしているIさん。 高まった可動域を実動作に結びつけるために、ランジ種目を実施しています。 クライミングでは最大の可動域で、そのポジションをキープ出来るような身体が求められます。 このランジ種目も導入当初は安定感がなく、膝が前方に出たり、上体のブレが見受けられました。 最近では、とても安定感が高まってきましたね!!! 継続的に行う事でクライミング時の下半身の使い方が幅広くなってくるはずです。 更なる安定感の向上を目指して、頑張って行きましょう!!!

  • クラブワンの日常

    陸上競技短距離のNくん。

    今シーズンはレースの度に自己ベストを更新しています。

    去年と比べると下半身と上半身の連動性が向上したように見受けられます。

    写真のバランススクワットは股関節だけではなく、肩関節~背筋群の柔軟性が高まらないと上手く出来ません。

    下半身を代表するトレーニングのスクワットですが、工夫次第で全身の連動性を向上させるための動き作りとなるのです。

    このような動き作りトレーニングの向上に伴って、実際の走動作は向上して行きます。

    Nくん!!!更なる自己ベストの更新を目指して頑張って下さい!!!

  • クラブワンの日常

    R君

    何年ぶりでしょうか。小学生の時に会員で、中高を経てカムバック。

    信じられないぐらいの成長ぶり。現在は東北の大学で頑張っています。

    前十字靱帯の断裂があり、オペまでの間、出来る限り可動域を失わないように

    トレーニング。

    身体の痛める事の怖さとして、痛めている部位をかばう事で、別の部位にまで

    影響が出てきてしまうという事です。

    オペまでの間動かずにいたら、股関節・肩甲骨の硬化は進行し続けます。

    R君。毎日通って、身体をいい状態にキープしましょう。

     

  • クラブワンの日常

    最近入会されたKさん。

    競技志向でテニスをされてます。

    上半身のメニューでは特に胸郭の動きを意識して実施してもらってます。

    写真左側のラットマシン。非常に自由度の高い種目なので、本人の意識がとても重要となります。

    前腕や上腕といった末端部の力を使って引っ張るのではなく、胸郭から鎖骨といった身体の根幹部をしっかり意識して動かして下さい。

    腕で引き下ろす・・・ではなく胸を張る事で自然と腕が降りてくる。

    このような意識が必要ですね!!!

    皆さんも是非その場でやってみて下さい。

    腕を上方に伸ばした状態から、斜め前方に胸を突き出す。

    自然と腕が降りてきませんか?

    身体の中心にある大きな筋肉を使うとはこういう事なのです!!!

  • クラブワンの日常

    不動の4番バッターYさん。

    パワフルなバッティングが持ち味です。

    しかしそのパワフルさからはイメージしにくい柔軟で弾力性に富んだ筋肉群を持ち合わせています。

    大きな筋肉、重いものを持ち上げる事の出来る筋肉がパワーある筋肉と考えられがちですが、大きいだけでは身体の重りにしかなりません。

    股関節の可動域、正しい使い方が分かっているからこそパワフルな動きが可能となるのです。

    Yさんはランニングにおいても正しい身体の使い方を意識して取り組んでくれています。

    歩く走る人間の基本動作の一つですね!!!

    正しい歩き・走りが出来てくる事で、バッティングはさらに向上して行く事でしょう。

  • クラブワンの日常

    ボクシング・陸上短距離・サッカーと多種競技をされているYさん。

    肩甲骨から体側部の連動性を引き出すメニューを実施しています。

    横腹から背中、これらは肩甲骨の可動域に大きな影響を及ぼします。

    腕を上に挙げ、肩甲骨を引き上げる時、横腹~背中の筋肉も同時に引き伸ばされる感覚があるはずです。

    さらにこれら横腹~背中の筋肉は股関節筋群とも連結しています。

    肩甲骨股関節という離れた部分にある二つの関係性が見えてきますね!!!

    正しい身体の使い方には肩甲骨と股関節の連動性が必要不可欠なのです!!!

  • クラブワンの日常

    サラリーマンのTさんは、入会当初、足部の捻挫癖を抱えてました。

    マラソンに挑戦したいとの希望から 走れるような身体作り、全身の可動域を向上させ、足部に負担のかからない走法を身につける事をテーマとして、トレーニングに取り組んできました。

    肩甲骨・股関節の可動域が高まり、正しい身体の使い方を覚えると足部のような末端部に対しての負担は軽減されてきます。

    足首が弱いのではなく・・・股関節が使えていない。これが本質ですね!!!

    結果としては現在、捻挫はほとんどなくなり、3月にフルマラソンを無事に完走されたようです。

    次なる目標は4時間を切る事。

    4時間切りに向けて、更なる可動域の向上と正しい身体の使い方を身につけて行きましょう!!!