フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 クラブワン未来モンスター (木本)

お問い合わせ:06-6567-7001
クラブワン未来モンスター (木本)

日常レポートアスリート

  • クラブワン未来モンスター (木本)

  • Kちゃんのトレーニング‼ (木本)

    フィギュアスケートをおこなっているIちゃん。

    おとなしい性格からは想像できないくらいのアスリートです。

    2回転~3回転ぐらいの回転ジャンプ動作は目が覚めるくらいの動きです。

    柔軟性も申し分なく、あとは全身のコントロール性を上げることが課題です。

    うちのマシンの特徴は負荷が変化することです。

    「負荷が漸減していくとスピードが上がります。」

    ここは勘違いされる方が多いのですが、

    動作の初期にスピードが上がるのではなく、

    動作の後半に向けてスピードが上がっていくことがポイントです。

    こうすることで、筋肉に実動作に近い負荷をかけられます。

    無駄な力を出さずに、最大のパフォーマンスを引き出します。

     

    Kちゃんには難しいことは伝えてません。

    ただマシンの動きに合わせて動かしてもらっています。

    筋肉は分かっているはずですから‼

     

     

     

  • Uさんのトレーニング(竹林)

    トレーニング目的

    :柔軟性・可動域の向上&フルマラソン復帰へのリハビリ:

     

    Uさんは週2~3回の頻度でトレーニングを頑張っています。

    3年程前に足首の手術をして身体の連動性や股関節周辺の

    柔軟性・可動域が重要になると痛感されたそうです。

    現在はリハビリも順調に進み毎日のラジオ体操・3キロ走

    休日は10キロ~15キロを走れるまで回復しました。

    トレーニングでも末端操作の走りにならないように

    体幹の一部でもある股関節周辺から動かせるようなトレーニングも

    問題なく実践できているので充実感があると思います。

     

    走動作種目は何回も片足に体重を乗せていき移動を繰り返していきます。

    足首に問わず、身体への負担はかなり大きいものになるので

    フィジカル面にも着目してトレーニング計画を立てることをおすすめします。

     

    まずはフルマラソンをしっかり走れるように

    これからもUさんのトレーニングは続きます!!

     

     

     

     

     

     

     

  • Dさんのトレーニング  (木本)

     

    10年以上ジムに通って頂いているDさん。

    初めのころは「マウスよりも重たい物を動かしたことがない」と言いながら、どうにかトレーニングを行うような感じでした。そんなDさんが最近では、ベンチプレスにスクワット、懸垂などがしっかり出来るようになって、体つきも変わり、見た目の感じも以前とはかなり変わってきました。

    トレーニングが苦手な方は、身体の使い方が感覚的に身に付いていないだけです。使えていない筋肉や感覚の鈍い部分に刺激を入れて、解剖学的にも正しい位置で出力させてあげれば、身体のバランスや動きは改善します。トレーニングが得意かどうかや整形外科的な身体の不調は、身体を上手く使えていないことが原因だと言い切れます。子供のころからの運動習慣で身に付けられなかった動きや使い方が、身体の癖を作り、痛みや故障の原因になるのです。筋肉をただ鍛えるだけではなく、正しいポジションで負荷を支え、神経を通わせることでそれらは改善します。

     

    身体のことで悩みがあれば、何でも相談してください‼

     

     

     

  • 期待の新人S.W‼  (木本)

    ポテンシャルNO1、期待の新人サムエル君、中学2年生。

    ガーナ人のお父さんを持ち、現在陸上競技を行っています。

    フードをかぶってトレーニングしている姿がもうすでに大物で

    す!!

    今は短距離、中距離を行っていますが、まだ種目は決まっていません。

    おそらくこれからの1年で身体が劇的に変わってくると思います。

    そこから種目を決めても全然遅くないので、今はベースを整えることを重視しています。

    本人はまだ気づいていませんが、肩甲骨周りや骨盤周りの動き方は規格外です。

    1年後が楽しみですね。

     

  • 2022日本室内陸上競技大阪大会(竹林)

    3月12日(土曜日)

    大阪城ホール

    2022日本室内陸上競技大阪大会

    当施設のジュニア会員様が出場したので

    コーチとして同行してきました。

    出場種目

    U16男子60mハードル

    8秒81 予選不通過

     

    初めての全国大会・ハードル種目を始めて一年での出場。

    結果はどうあれ良い経験になったのではないでしょうか。

    レース後、珍しくまだまだ実力不足でした。また頑張ります!!

    いつもは本人から一言も言わないのにこの日は悔しいそうに言ってきました。

    今大会を走ってまた一つ成長を感じれたので嬉しい限りです。

    また夏の全中大会出場して今回以上に走れるように

    少しずつ頑張ってくれるでしょう。

    今後の成長・活躍が楽しみです。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 懸垂‼

    動ける身体作りが目的のK様。

    全体的な筋力アップを目的にトレーニングされています。

    K様には、ワイドグリップでの懸垂に取り組んでいただいています。

    筋力も大事ですが、背中の使い方がポイントです。

    肩甲骨で引っ掛ける感じなんです。

    これが分かると意外と懸垂できちゃいます。

     

    Kさんも初めは1回上がるか上がらないかぐらいだったのが、

    1年たって10回を平気で超えるぐらい出来るようになりました‼

     

    次は片手懸垂でもしてもらいましょうか(笑)

  • 野球Tくんのトレーニング(竹林)

    スポーツ競技:野球(ピッチャー)

    当施設の利用目的:競技力向上・柔軟性・可動域向上・走力アップ:

     

    週3~4回クラブワンでトレーニングをしているTくん。

    今年の春から名古屋の高校へ進学して甲子園を目指す球児です。

    (ちなみにクラブワンではTくんのように進学まで短期でトレーニングに

     来てくれる学生も多数います。過去にクラブワン卒業生で

     実際、甲子園に出場した学生もいます。)

    この日のTくんがメインとしたトレーニングは

    ピッチング動作とトレーニングの動きをリンクする為に

    腸腰筋に着目をしてトレーニングを行いました。

    種目名:バックスイング捻り:

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    腸腰筋は腰椎と大腿骨を結ぶ筋群で腸骨筋と大腰筋が関連しています。

    主に股関節を屈曲(脚を上げる)させる働きをします。

    そして腸腰筋はの上半身・下半身の繋ぎめになり連動にも

    関連する筋肉になるので注目すべき点になると考えられます。

    バックスイング捻りはTくんの目的である柔軟性・可動域向上・走力アップに

    必要な種目と言えるでしょう。

    他の種目でも日頃使えていない部分を刺激させて

    全身が動けるようにして野球の練習とトレーニングを

    リンクしてもらいたいですね!!

    残り2か月Tくんがどこまで仕上がるか楽しみです。

     

    :余談:

    スポーツに問わず腸腰筋は身体を保持する筋肉でもあるんので

    姿勢が気になる方や、足のバランスが気になる方も少し

    意識してトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか?

    腸腰筋のことで気になる方は竹林までお尋ねください!

  • 陸上Uさんのトレーニング(木本)

    クラブワンに再入会して約10か月。

    始めは腰痛がひどく、歩くのもやっとで陸上競技もほとんど休んでいる状態でした。

     

    通い始めて2~3ヶ月で症状が改善し始め、今ではほとんど痛みを感じないレベルにまで復活しました。

    ご本人さんの感覚では、プルオーバーとフロントスイングとエコノミーLPが特によかったそうです。

    良くなりだすとあとは早いです。

    今ではスクワットにベンチプレスなど競技に必要な筋力アップに励んでおられます。

    来年は陸上競技復活の予定です!!

    Uさんのように「自分の感覚でこれが良かった」、そう言える状態は理想です。

    ①自分の身体で良し悪しを感じようとしていること。

    ②そしてその感覚が結果に結びついていること。

    自分の身体の感覚を磨いて、自分の身体と会話することが出来ると身体は故障なんてしなくなります。

    それくらい人間の身体の感覚は凄いんです。

    私もこの仕事をしていて、人間の身体の能力の高さにびっくりします。

    何となく嫌な負荷、心地よい負荷は、無意識的に身体が判断しています。

    そしてその判断は間違うことが少ないのです。

     

    だからこそ、トレーナーは色々な負荷をかけられるようにトレーニングバリエーションをたくさん用意しています。是非色々なバリエーションを体感し、その中で必要なトレーニングを選別してください‼

     

    本年もよろしくお願い致します。

     

     

     

  • Tさんのトレーニング(竹林)

    もの凄い重量(総重量400㎏)でレッグプレスをしているTさん。

     

     

     

     

    クラブワンに通われて17年!!!

    スーパーレジェンド会員様の一人です。

    週2回を目安にして来館されています。

    高負荷を扱うくらいだから

    スポーツ競技力の向上目的かと思いきや

    柔軟性・可動域・姿勢力の維持が一番の施設利用目的なのです。

    Tさんが言うには高重量のレッグプレスがスイスイ出来た時は

    その日のバランスが確認出来たり姿勢が整った感覚に

    なるからいいんですよね!!!

    そう仰っていました。

    まさにその通り!!!!!!!!

    確かにレッグプレスの特徴としては

    背中や骨盤を立たせた状態を作り動かしていくので

    下半身強化の他にも姿勢改善にも繋がる種目にもなります。

    Tさんのように400㎏を挑戦してみましょうとは言いませんが

    身体の状態が良い日にでもトレーニング終了時に

    1セット設定より少し重い重量でレッグプレスを行ってみてください。

    スムーズに動かせた場合はトレーニング充実度の

    目安ができるかと思います。

    皆さんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか??

     

    ***********************

    クラブワンインスタグラム

    ☝CLUBONEインスタグラムはこちらをクリック☝

    :いいね👍・フォロー 😀 :大歓迎\(^o^)/

    ***********************