フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ドラマーSさんのトレーニング

お問い合わせ:06-6567-7001
ドラマーSさんのトレーニング

日常レポートアスリート

  • ドラマーSさんのトレーニング

    IMG_7128 IMG_7125

    バンドでドラムを担当されているSさん。

    ご自身の身体の事について、とてもよく理解されています。

    左右の肩甲骨のバランスや鎖骨の位置、それらが骨盤とどのように連動して四肢に影響を及ぼしているのか、このような細かなことまで自覚してトレーニングしてくれています。

    闇雲に身体を鍛えるのではなく、ご自身の癖や関節のポジションを考えながらトレーニングすると、トレーニング効果はより一層高まるでしょう。

    今まで気になっていた肩の左右差、これが実は身体の思いがけない部分が原因となって形成されているということは少なくありません。

    動かしてみて初めて気付く、自分の身体。

    現状を知るということがトレーニングの第一歩ですね!!!

    Sさん。理想のバチさばきを実現するためにもこの調子で頑張って下さい!!

     

     

  • 黒川トレーナーのトレーニング

    IMG_7103 IMG_7109

    現在研修中の黒川トレーナーのトレーニングです。

    約3ヶ月間、基本から応用までみっちりとトレーニングしてきているので、難しいポジションも安定してとれるようになってきました。

    クラブワントレーニングの核となる、スクワットの習得。このためには、全身の様々な関節に正しい動きを覚え込ませなければいけません。

    写真右のハックスクワットを向上させていくためには、股関節周囲の動き作り重要ですが、同時に胸の張り、胸郭の動作改善が必要不可欠になってきます。

    写真左のインクラインプレスをハックスクワットと組み合わせる事で、安定した胸の張りが可能となります。

    胸の張りがとれてくることで、股関節の負荷を受け止めるポジションがより深く安定したものとなります。

    ここをクリアーすれば、最も難易度の高いマシーンスクワットに挑戦です。

    黒川トレーナー!!間もなくマシーンスクワットです!!この調子でトレーニング継続して下さい!!!

     

     

     

     

     

     

  • BMX競技 Kさんのトレーニング

    IMG_7096  IMG_7086

    BMX競技を専門にされているKさん。

    約一年振りにカムバックしてくださいました。

    一年というブランクを経てのトレーニングは身体の様々な変化を感じるのではないでしょうか?

    特に股関節周囲の可動域が狭まり、動作に制限がかかっている感覚が強くあるはずです。

    股関節周囲、特に殿筋郡は最もパワーに富んだ筋肉ですが、人間の日常生活ではこの筋群を悉く硬化させてしまいます。座りっぱなし立ちっぱなしなど、避ける事の難しい姿勢や動作によって機能性が低下してしまうのです。

    トレーニングを継続出来ていた時には、気付かないことが多いですが、ブランクが開き、トレーニングから離れてみて、初めて日常生活での負担は感じられる方が多いです。

    Kさん!!じっくり身体を戻して行きましょう!!

  • スカイランニング Yさんのトレーニング

    IMG_7072  IMG_7067

    スカイランニング(スピード登山)を専門にされているYさん。

    1月に開催された、生駒トレイル大会で優勝されました。

    スカイランニングによる、身体への負担は想像以上に大きなものと考えられます。

    のぼりや、くだりというただでさえ身体に大きな負担をかける動作をハイスピードの中で、しかも長時間継続しなければいけません。

    特に競技中における、膝への負担は大きなものでしょう。

    股関節肩甲骨を少しでもいい状態に保ち、正しい動きを身につけておくことで、負担は軽減でき、スムーズで高い出力のランニング動作が可能となります。

    クラブワンでは肩甲骨股関節のトレーニングと共に、写真左のリアルランを実施してもらい、ランニングの動作改善に取り組んでもらっています。

    Yさん!!身体の変化と共に、ランニングの動作も一段階レベルアップしたのではないでしょうか??

    この調子で、トレーニング継続していきましょう!!!

     

     

  • 瀬藤トレーナーのトレーニング

     IMG_7048 IMG_7044 

     現在、トレーニング研修中の瀬藤トレーナーです。

     初めてのトレーニングですが、研修中は集中的にトレーニングするので、身体が大きく変化していく

     のを実感出来ると思います。

     肩甲骨股関節といった身体の最もコアな部分をこれほどまでに意識してトレーニングするのは

     初めてではないでしょうか?

     硬化していた大筋群が動き出し、全身の連動制が実感出来て、初めてクラブワントレーニングの

     本質が理解出来るのです!!!

     理論と感覚を合致させながらトレーニングを進めることはとても大切なことです。

     

     

     

  • トライアスロン~Kさんのトレーニング~

    image1 image2

    今週末に石垣島でのトライアスロン出場予定のKさん。

    試合を直前に控え、調整トレーニングに来て下さっています。

    トライアスロンのような過酷な競技を乗り切るには、機能的で動きやすい身体コンディションが

    求められます。

    肩甲骨周辺をダイナミックに動かし、体幹~股関節の連動性を高めます。

    写真右の横腹ストレッチ。このようなポジションをとって、股関節を動かしてあげる事が

    実際の競技動作をスムーズにし、競技中の肩甲骨股関節の連動性を高めるのです!!

    Kさん!!!過酷なトライアスロン。頑張ってきて下さい!!!

     

     

  • プロオートバイレーサー 寺本幸司さん

    image2 image1

    プロ・オートバイレーサーとして活躍中の寺本プロ。
    クラブワンでトレーニングを始められて半年ほどですが、
    身体の大きな変化を感じて下さっています。

    バイクレースでは、身体にとって相当無理のある姿勢を維持しながら、
    細かな重心の移動を行い、常にベストな身体ポジションを形成する必要があります。

    このベストなポジションを作れるか否かが、
    レースの勝敗を分けると言っても過言ではありません。

    トレーニングではこのベストな身体ポジションをとるために、
    肩甲骨・股関節の動き作りを中心に実施しています。

    身体の中心部にある、肩甲骨・股関節の動きが良くなれば、
    今までとることの出来なかったポジショニングが可能となります。

    これによって、更なるパワーの増大や、スムーズな身体さばきが可能となるのです。

    寺本プロ!!!間もなく始まるシーズン、活躍を期待しています!!!

     

  • ゴルフ~広里さんのトレーニング~

    image1image2 

    御年81歳でバリバリのゴルファーです。

    たゆまぬ努力で、クラブワントレーニング継続してくださっています。

     

    筋肉量を増やすよりも、今ある筋肉を最大限使い、実際の動作に活かす事が大切です。

     

    特に筋肉の発達が進みにくいシニアの方には、

    現状の筋量で正しい使い方を覚えさせるだけでパフォーマンスは向上する

    という事を理解していただきトレーニングを実施してもらっています。

     

    広里さん!!この調子で、いつまでも動ける身体を作って行きましょう!!!

     

  • 入学間近!ジュニア特集2~陸上短距離 I君のトレーニング~

    image2 image1

     

    中学三年生、間もなく高校入学のI君。

     

    11月にトレーニングを開始してから、肩甲骨・股関節を中心に全身の動き作りを実施してきました。

     トレーニングの一つの目標である、スクワット動作もかなり良くなってきています。

     

    写真左のハックスクワットでは、膝関節の余計な動きを抑えることで、

    大腿四頭筋ではなく、

    殿筋ハムストリング股関節を主体とした力の発揮を身体に覚え込ませます。

     

    これがランニング動作において、最も重要な身体の使い方の一つです。

     

    股関節が硬化して機能的に働かない人は、このようなスクワット動作が上手く出来ず、

    膝関節を中心とした出力形態に陥ります。

     

    ドタドタとした走り方や、上下動が激しい走りの特徴を持っているランナーは、

    股関節が硬く、膝を主体とした動きになっている可能性が高いです。

     

    股関節の正しい使い方、そして肩甲骨との連動性

    短距離ランナーにとって必要不可欠な要素ですね。

     

    I君!!高校入学に向けてラストスパート頑張りましょう!!

  • 陸上~400M走 溝腰さんのトレーニング~

    image1 image2

    陸上競技400M4792の自己ベストをお持ちの溝腰さん。 

    全日本実業団を今年の目標に、日々トレーニングされています。

     

    股関節周りのトレーニングを集中的に行い、すぐさま動きのチェック。

     マシントレーニング→動作チェック。

    この反復が効率のいい走り方を生み出します。

     

    特に、地面に対して股関節で抑える感覚を重要視されている溝腰さん。

    お尻周りの筋肉が疲労で固まっていると、この股関節で抑えるという感覚は欠如しやすくなります。

     

    シーズンはすぐそこです!!

    良い感覚を出来るだけ失わないように、シーズンインしましょう!!!