フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ~ラットマシンについて~(竹林)

お問い合わせ:06-6567-7001
~ラットマシンについて~(竹林)

2020年10月

  • ~ラットマシンについて~(竹林)

    こんにちは。

    今回のトレーナー通信は

    クラブワンマシン「ラットマシン」について

    投稿をしていきます。

     

    以前にも説明をしたこともありますが

    私の中で、ラットマシンはとても難しい

    種目だと思います。

    本来は、背中や肩甲骨の意識をして行いますが

    体調によってはなかなか力感が抜けない状態のまま

    終わることもあります。

     

    少しでも正確にラットマシンを行うにはどうしらよいのか??

    ワンポイントアドバイスとして・・・・・・

     

    :バーを下ろす動作の時に握る力を小指にかける:

     

    基本、親指を外した状態でバーを握るのですが

    どうしても引っ張る動作時は力が入りやすいので

    肩(僧帽筋:上部)に力感が出てくるのです。

    効率良く行うためのテクニックとして試してみてください。

    バーを引きながら握る力を小指にかけることで

    自然に肩甲骨が使われてスムーズな動作が行われるので

    背中に刺激を伝えることができるのです。

     

    少しの意識で身体への負荷は変わってくるのです。

    本当にトレーニングは奥が深いですね!!!!!

     

     

  • 背中の使い方2

    背中のトレーニングについて大事なポイントがあります。

    最大限の動きを出すためには

    「呼吸」が大切です。

    力を出す瞬間に吐くのが身体に力が入りやすいのですが

    背中などのローイング系は力を出す時に吸う方がいいです。

     

     

     

     

     

    理由としては、吸った時のポジションで背中の収縮が入りやすくなるからです。

    吸う時は胸をそらせるでしょう、それは背中が収縮してる証拠なのです。

    背中やローイング系は力を入れる時に「吸う」と覚えておいてください!!