フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ~背中をベースに②~(竹林)

お問い合わせ:06-6567-7001
~背中をベースに②~(竹林)

2019年02月

  • ~背中をベースに②~(竹林)

    こんにちは。

    竹林 孝之のトレーナー通信第2作目です。

    今回も前回の続きとなり、背中の重要性について投稿をしていきます。

    前回の投稿で、最後に背中の機能性を高める為にはクラブワン基本種目の中でどれでしょう??となりました。

     

    「それ、知ってるし分かってるよ~~~。」ってなる方は多くいらっしゃると思いますが

    この種目が1回分のトレーニング精度の左右・体調の確認が行えます。

    なのでそれだけとても大事な種目となるので参考にして頂ければなと思います。

    種目の紹介・ポイントを投稿していきます。

    :種目名:

    *ラットマシン*

     

     

     

     

     

     

    背中の柔軟性・代謝量UPを高めるもっとも大事な種目とされます。

    ポイントとして・・・・・・・

    スタート時の背中の位置

    バーを下ろした肘の角度

    バーを上げる時は肘を伸ばしきらない

    この3点がラットマシンを行う上で重視して欲しいポイントです。

    まずはスタート時の背中の位置です!!

     

     

     

     

     

     

    このスタートの位置が崩れていると

    全体に力の入りやすい動かし方になります。

    出来る範囲で良いので顔は正面を向き、背筋を真っ直ぐして上体をお尻の上に乗せるように

    少し前に被せてあげます。

    そしてメインとなれる動かし方のポイントです。

     

     

     

     

     

     

    どうしてもラットマシンは引っ張ることで負荷を感じとるイメージがあり

    バーを過剰に引いてしまい腕全体・背中全体に力感を生んでしまいます。

    画像で記載通り、深く下ろすことなく手首・肘・肩のラインが直角であること

    バーを上げる時は、肘が伸びきる手前までで伸ばしきらない。

    重視することは、下げることよりもバーが上がる時を意識してみましょう!!

    その中で、リズムよく動かすことでマシン自体が手助けをしてくれてるので

    ここで背中の柔軟性が出てきたり、軽い負荷でも背中に刺激があるなって感じれます。

     

    ラットマシンの正しい使い方はこのように動かしてあげると良いのです。

     

    シンプルで簡単な種目に見えますが基本種目の中で一番難しい種目となります。

    是非、トレーニング時にもう一度確認しながら行ってみて下さい!!

     

    またトレーニングの感じが変わると思いますよ(●^o^●)

     

  • フォースカップル作用!!

    トレーナーの木本です。

    今回は動作改善トレーニングに欠かせない考え方「フォースカップル作用」です。

     

    「フォースカップル」、訳してみると、

    「力・対になる」。

    簡単に言うと、

    「関節の動き、骨格の動きは筋肉が対になり、もしくは複数で共同して動きを作っている。」

    ということです。

     

    具体的に肩甲骨で考えてみます。

    肩甲骨が上方回旋(斜め上に動く)するためには、僧帽筋の上部(肩こりする部位、肩甲骨から脊柱に上に向かって付着する部位)や肩甲挙筋が働くイメージですが、実際は僧帽筋の中部・下部、菱形筋(肩甲骨から脊柱に下に向かって付着する部位)なども働いて上手く動きます。

    簡単に言うと、上の筋肉だけで上に引っ張るのではなく、

    下の筋肉のサポートがあって、理想的な位置で関節の運動が起こるということです。

     

    意外かもしれませんが、肩こりがひどい時に凝っている部位を動かすよりも

    肩甲骨から脊柱の下部に付着する筋肉に刺激を入れる方が肩こりは解消しやすくなります。

     

    肩が上がって力んでいるように見える人はこのあたりの働きが少ないのです。

    肩が上がると良くないですよ~。

    重心が上がり身体が安定しないし、肩の可動域が極端に落ちます。

     

    肩甲骨を正しく動かす練習をしましょう!!

    そのためのコツはジムで質問してください‼

     

    そういえばTシャツの謎のマークって・・・。