フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ドラマーSさんのトレーニング

お問い合わせ:06-6567-7001
ドラマーSさんのトレーニング

2017年05月

  • ドラマーSさんのトレーニング

    IMG_7128 IMG_7125

    バンドでドラムを担当されているSさん。

    ご自身の身体の事について、とてもよく理解されています。

    左右の肩甲骨のバランスや鎖骨の位置、それらが骨盤とどのように連動して四肢に影響を及ぼしているのか、このような細かなことまで自覚してトレーニングしてくれています。

    闇雲に身体を鍛えるのではなく、ご自身の癖や関節のポジションを考えながらトレーニングすると、トレーニング効果はより一層高まるでしょう。

    今まで気になっていた肩の左右差、これが実は身体の思いがけない部分が原因となって形成されているということは少なくありません。

    動かしてみて初めて気付く、自分の身体。

    現状を知るということがトレーニングの第一歩ですね!!!

    Sさん。理想のバチさばきを実現するためにもこの調子で頑張って下さい!!

     

     

  • 黒川トレーナーのトレーニング

    IMG_7103 IMG_7109

    現在研修中の黒川トレーナーのトレーニングです。

    約3ヶ月間、基本から応用までみっちりとトレーニングしてきているので、難しいポジションも安定してとれるようになってきました。

    クラブワントレーニングの核となる、スクワットの習得。このためには、全身の様々な関節に正しい動きを覚え込ませなければいけません。

    写真右のハックスクワットを向上させていくためには、股関節周囲の動き作り重要ですが、同時に胸の張り、胸郭の動作改善が必要不可欠になってきます。

    写真左のインクラインプレスをハックスクワットと組み合わせる事で、安定した胸の張りが可能となります。

    胸の張りがとれてくることで、股関節の負荷を受け止めるポジションがより深く安定したものとなります。

    ここをクリアーすれば、最も難易度の高いマシーンスクワットに挑戦です。

    黒川トレーナー!!間もなくマシーンスクワットです!!この調子でトレーニング継続して下さい!!!

     

     

     

     

     

     

  • BMX競技 Kさんのトレーニング

    IMG_7096  IMG_7086

    BMX競技を専門にされているKさん。

    約一年振りにカムバックしてくださいました。

    一年というブランクを経てのトレーニングは身体の様々な変化を感じるのではないでしょうか?

    特に股関節周囲の可動域が狭まり、動作に制限がかかっている感覚が強くあるはずです。

    股関節周囲、特に殿筋郡は最もパワーに富んだ筋肉ですが、人間の日常生活ではこの筋群を悉く硬化させてしまいます。座りっぱなし立ちっぱなしなど、避ける事の難しい姿勢や動作によって機能性が低下してしまうのです。

    トレーニングを継続出来ていた時には、気付かないことが多いですが、ブランクが開き、トレーニングから離れてみて、初めて日常生活での負担は感じられる方が多いです。

    Kさん!!じっくり身体を戻して行きましょう!!