フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ~インナーサイマシンについて~(竹林)

お問い合わせ:06-6567-7001
~インナーサイマシンについて~(竹林)

~インナーサイマシンについて~(竹林)

こんにちは。

竹林孝之のトレーナー通信第7作目です。

今回は、マシンのポジションについて投稿をしていきます。

 

皆さん!!

インナーサイマシン、5台ある中の2台

何かが違うのですが、分かりますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚を乗せるパッド部分が微妙に違いがあります。

 

なぜパッド部分の長さが違うのでしょうか??

 

特に、インナーサイ捻りのトレーニング時に役に立ちます。

 

まず、確認として

インナーサイ捻りで気をつけたいポイント。。。。。。

*両方のお尻が着いた状態で動かす

*膝下をパッドから隙間を空けるように外して動かす

*自ら捻る意識を持たずにマシンに身を任せるように動かす

 

パッドの長さが違う2台のインナーサイでは

正しいポジションを保持した状態で、効果的に行えるよな補助をしてくれている為

内の太もも(内転筋)・柔軟性、股関節の可動域向上に繋がるのです。

インナーサイ捻りを行う際に

ポイントを確認して不安な場合は一度、②のインナーサイマシンを使い

良い動きを覚えこませる練習になりますので

是非、一度お試しください。

 

インナーサイマシンに限らず

クラブワントレーニングでは、それぞれのマシンによって微妙に違う部分があります。

次回は、「ディップスマシン」のハンドル部分について投稿をしていきますので

よろしくお願いします!