フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ワンハンドローイング (瀬藤)

お問い合わせ:06-6567-7001
ワンハンドローイング (瀬藤)

ワンハンドローイング (瀬藤)

こんにちは!

今回のトレーナー通信は瀬藤が担当させて頂きます!

宜しくお願い致します!

 

今回のテーマは、

しっかりと広背筋中央部に効かせる為の

「ワンハンドローイング」についてです。

動作の中に

肩関節伸展と肘関節屈曲が含まれますが、

広背筋は肩関節伸展の主力筋である為、

肩を支点に腕を後方に振る動作をメインに考えてください。

 

会員様の動きを見ていると

肘関節屈曲メインで挙上してしまっている方が多く、

その場合、背中ではなく、腕に負荷が乗ってしまっているのではないでしょうか?

 

腕をなるべく使わないポイントは、

重力に対して拮抗しないこと。

つまり、前腕を床面に対して、

常に垂直の状態をキープするということです。

 

ダンベルも強く握るのではなく、

軽く引っ掛けるくらいにすると

前腕に負荷が逃げにくくなります。

 

 

そして、大事なのが呼吸の仕方。

 

筋力トレーニングの基本は、

負荷が強まる時に息を吐き、

負荷が弱まる時に息を吸う。

ですが、

ローイング系のトレーニングは例外になります。

 

ワンハンドローイングの場合、

ダンベルを引き上げる際に息を大きく吸うと、

背中の筋肉が収縮させやすくなります。

 

是非、試してみて下さい!!