フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 ダンベルプレス (瀬藤)

お問い合わせ:06-6567-7001
ダンベルプレス (瀬藤)

ダンベルプレス (瀬藤)

今回のトレーナー通信は

瀬藤が担当させて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

今回のテーマは、

しっかりと大胸筋に効かせる為の

ダンベルプレスについてです。

 

ダンベルプレスで胸ではなく、

肩や上腕三頭筋に負荷が逃げてしまうという方。

多いのではないでしょうか?

 

そこで、私が実践している

胸に効かせる為のテクニックを

ご紹介していきたいと思います。

 

 

まずは、スタートポジション

肩甲骨を内側に寄せる(内転

     +

肩甲骨を下方に引き下げる(下制

 

このポジションを作ることで、

胸にストレッチがかかり易くなり、

ダイレクトに大胸筋に効かせることが出来ます。

 

肩甲骨を寄せることで、胸をしならせ、

体幹が安定する効果もあります。

 

この時、肘は伸ばし切らず、

少し曲げた状態にすることで

大胸筋に負荷が乗り易くなります。

 

 

この状態から肘を外側に開く意識

ダンベルを下ろしていきます。

 

この時、真っすぐ下ろしても良いのですが、

私がよくおこなうテクニックとしては、

親指側にダンベルを傾けるように下ろしていきます。

こうすることで、

肘が外側に伸びる為、胸に対する

ストレッチを高めることが出来ます。

 

親指側に傾けるのには、

脇を閉じにくくする効果も期待できます。

 

脇が閉じてしまうと、

他の部位に負荷が逃げ易くなる為、

注意しておこないましょう。