フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 シーテッド・カーフレイズ (瀬藤)

お問い合わせ:06-6567-7001
シーテッド・カーフレイズ (瀬藤)

シーテッド・カーフレイズ (瀬藤)

こんにちは!

 

今回のトレーナー通信は瀬藤が担当させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

今回のテーマは、「シーテッド・カーフレイズ」についてです。

前回、投稿したスタンディング・カーフレイズと同様、

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を鍛える種目になります。

 

スタンディングでおこなった場合、下腿三頭筋の中でも、

特に、腓腹筋がメインで使われるとお伝えしましたが、

今回のシーテッド・カーフレイズでは、

ヒラメ筋がメインに切り替わります。

 

ヒラメ筋は、腓腹筋と異なり、単関節筋ですので、

足関節の底屈動作でのみ関与し、

特に膝関節が屈曲した状態での底屈に大きく貢献します。

ランニング、ジャンプなどの動作は、

身体を上方と前方に進めるヒラメ筋の力に大きく依存します。

 

大きさ自体は、小さな筋肉ですが、

羽状筋という形状をしており、

生理学的筋横断面積が大きい為、

非常に大きな力発揮をする筋肉です。

 

トレーニング方法としては、色々ありますが、

上の画像のように、膝の上にダンベルを立てて乗せ、

足関節の底屈を繰り返す方法が

一番手軽で、おこない易いでしょう。

 

慣れてきたら、強度がアップしますが、

台やプレートの上につま先側を乗せて、

ボトムポジションで、足関節をより背屈させると、

さらに効いてきます。