フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001
お客様の声
ひとりひとりのクラブワン

トレーナー通信

  • 股関節のつまりはスクワットで解消!! (木本)

    スクワットは身体を鍛える種目だと思っていませんか?

    確かに体幹や脚などしっかり鍛えられるトレーニングの王様です。

     

    その中でもクラブワンのスクワットは、

    負荷をコントロールする事を重視しています。

    コントロールするとは下降するスピードと上昇するスピードを調節する事。

    受け止める時、負荷を返す時に粘っこく動くイメージです。

    力を入れるだけではなく、負荷を柔らかく受け止めることを意識しましょう!!

    筋トレをしているようでコンディショニングを行ったような効果が期待できます。

    股関節の硬さに悩んでいる方は軽い負荷からでもいいのでスクワットしましょう!!

     

     

     

  • 走りのポイント(竹林)

    競技スポーツを行う中でトレーニング時に

    走ることは多いのではないでしょうか??

     

    陸上短距離選手のような爆発的なダッシュ力を身に付けるには

    かなりの技術・走り込みが必要になりますが

    他競技のダッシュ・ランニングトレーニング時に

    効率よく走れるポイントをお伝えします。

     

    1・腕振りと脚の切り替え(シザース動作)タイミングが合っているか

     

    2・身体の反動(反発)を感じる軸が確保できているか

     

    非常にシンプルですがこの2点が大事になります。

     

    歩幅が狭いから大きく走ろう

    ダッシュ力がないからもっと素早く動かそう

    もっと膝を高く上げよう

    など・・・・・・・・

    余計に力が入って逆に疲れる・前に進まない

    どのスポーツもそうですが

    考えれば考えるほど悪循環なことが

    起きるケースが多く見られます。

     

    走ることもまずはシンプルにです。

     

    身体に抵抗をかけないようにスキップをやってみましょう!!

    スムーズに前に進むことが出来たらそれがあなたにとっての

    走りに必要な2つのポイントをクリアしたことになります。

     

    当たり前なスキップですが身体能力をコントロール出来る

    万能エクササイズなのです。

  • 肩の痛みについて (木本)

    肩の痛みについて基本的な考え方を説明します。

    まず、次の画像を見てください。

    上腕骨が上に上がるには関節内で下方向の滑りが必要です。この滑りが少ないとどうなるでしょうか?

    このように関節内の滑りが起こらずに、ポジションが崩れて当たってはいけない場所にぶつかってしまい痛みが出るのです。この滑りが出ない原因を特定しトレーニングメニューを組みます。簡単に言うと上についている筋肉が強くて、下についている筋肉が弱いとこういう動きになります。原因は肩甲骨の動きが悪い場合もありますし、動きを阻害する硬い筋肉の存在もあります。逆に動きをコントロール出来ない筋肉の弱さもあります。このように原因を探りながら根本から改善します。改善するためにイメージを持つことは大切です。まずは骨がこんな風に動いているとイメージしながらマシンを動かしてみて下さい!!

  • 初速のスピードを上げるには(竹林)

    スポーツの中で初速のスピードを上げたい!!!

    野球であれば「走塁」

    サッカーであれば「初動作を素早く」

    陸上競技であれば「スタート」などなど・・・・・・

    このような点で数多くの方が悩まれているかと思います。

     

    さて、どのようにして修正していくことがいいのか????

    一般的には「腕の振り方」「脚の動かし方」「重心のかけ方(乗り込み方)」を

    コーチさんは指導されるかと思います。

     

    私の指導は身体の使い方は二の次で

    臀部で支えて臀部で押す

    まずはこの動作を徹底的にドリル形式で

    身体に覚え込ませる指導をしています!!

     

    臀部で地面を押すことが出来ればあとは余計な

    動作は要らなく無操作で動作が完結されるのです。

     

    腕をしっかり振っても、脚を蹴っても、乗り込むなどの意識を

    すればするほど末端操作となり力みが生じるので

    地面からの力を前方歩行へ変えることが難しくなり

    初動作を素早くしたり・スタートを速く走ることはできません。

     

    日常生活からの練習方法として

    歩き方・階段の登り方でも

    前に振り出す・前に乗り込むの意識を

    外して後ろ脚の臀部で押して

    歩く・登るを行ってみてください!!!

     

     

     

     

  • 膝の痛みについて (木本)

    膝の構造は芸術的です。

    私の知る限り、完全に折りたためる関節は人体の中でも膝以外ありません。

    「神は、人間に正座をさせるためにその機能を作ったのか?」

    そんな高貴なことさえ想像するような芸術的動きです。

     

    完全に折りたためるためには、膝蓋骨や大腿骨と脛骨の運動パターンが必要不可欠なのです。

    骨の形や靱帯の役割もすべてがその目的の為に機能します。

    この運動パターンが崩れた時に痛みや不具合が出るのです。

    そのままほっておけば、体重を支える部分なので不具合は関節の変形、半月板の変形を引き起こします。

    運動パターンを正常に戻す方法は、崩れ方により色々ありますので今回は詳しく書きません。

     

    まずはセルフチェックしてみてください。

    痛みがなくても、まっすぐ立った時に膝が伸びないとか、正座しにくいとかあればすぐに教えてください。

    ひどくなる前に何とかしますから‼

     

2021.05.15
ハイパーボルト体験会のお知らせ!!
2021.04.24
緊急事態宣言に伴う今後の営業について
2021.04.21
クラブワンニュース‼
2021.04.09
ゴールデンウィーク休館日のお知らせ!!
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter