フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001
REAL RUN
リアルランウェブサイト
YouTube
Instagram
ひとりひとりのクラブワン

トレーナー通信

  • デッドリフト (瀬藤)

    こんにちは!

     

    今回のトレーナー通信は瀬藤が担当させて頂きます。

    どうぞ宜しくお願い致します。

     

    今回のテーマは「デッドリフト」についてです。

    デッドリフトは、ベンチプレスやスクワットと並び、

    筋トレBIG3と言われる超王道種目です。

     

    多くの筋肉を一度にバランス良く鍛えられるのが

    なんと言っても魅力の一つです。

     

    特に、太ももからお尻、背中にかけての筋肉が

    メインターゲットとして鍛えられます。

     

     

    バーベルを挙上する際のポイントは、

    背筋をまっすぐ伸ばした状態をキープすること!

    背中が丸まってしまうと、

    腰を痛めやすい為、注意が必要です。

     

    またバーベルが身体から遠ざかってしまうのも、

    怪我の危険性があります。

    バーベルの上げ下げは、常に身体に沿わせるような

    軌道で動作をおこなうことがポイントです。

     

     

    床から膝まで(ファーストプル)の局面では、

    膝関節の伸展メインで、

    膝からトップまで(セカンドプル)の局面では、

    股関節の伸展メインで、

    上体を起こしていくと、

    上手く身体の後面に負荷が乗り続けます。

     

    是非、トライしてみて下さい!

     

     

  • ~レッグプレスマシンのポイント~(竹林)

    こんにちは。

    竹林孝之のトレーナー通信第9作目です。

     

    今回は、クラブワントレーニングマシンで欠かせない種目

    エコノミーレッグプレスのポイントについて投稿をしていきます。

     

    トレーニングの効果として

     

    *足がらくになる

    *ヒップアップ効果

    *歩きやすくなった

    *脚に力が入りやすい

     

    色々な効果があります。

     

    なにがそうさせているのか。。。。。。???

     

    特徴である、座席の角度・負荷をお尻で受け止める

    この2点が重要なのです。

     

    ポイントは骨盤です。

    骨盤は、身体の土台となる一部分となります。

     

    トレーニングを行うことで、日常でも骨盤を使う意識が行き届き

    効果を引き出してくれるのです。

     

    レッグプレスマシンを行う時に

    なにげなく座って、脚を動かすのではなく

     

    しっかり座席にお尻が密着しているか、プレートに足の裏全体が密着しているのかを

    確認してから、骨盤で負荷を受け止めること・戻すことを意識してみると良いでしょう!!

     

    基本のエコノミーレッグプレスの延長が応用種目にも

    必ず繋がっていきます。

     

    是非、一度

    レッグプレス種目を行う際に確認してみてください!!

     

  • クラブワンのトレーニングの目的 (木本)

    一般的なトレーニングは負荷を上げパワーをつけることを目的とします。

    一方クラブワンは、同じ負荷をいかに楽に持ち上げるか、力みなく扱うかを求めます。

     

    これが何を意味するか分かりますか?

    前者は筋肉は付きやすいですが、筋肉の緊張が多く

    筋肉や動きが硬くなります。

    クラブワンのトレーニングは筋肉は付きにくいですが、筋肉の緊張が少なく、

    筋肉や動きが柔らかくなります。

     

    だからと言って、力を抜いてただのストレッチになるのは間違いです。

    必要以上の緊張をせずに負荷を動かす事が大切です。

    負荷を動かす、返していく動作、出力は必要です。

    ここが理解しにくいポイントですね。

     

    力みなく負荷を動かせるようになると筋肉は緊張が取れ柔らかくなります。

    ストレッチをするから柔らかくなるわけではないのです。

    (もちろんストレッチも一定の効果はあります)

     

    必要最小限の力をコントロールすることが筋肉の質を変えるのです。

    言葉にすると難しいですが、マシンに合わせて正しく動かすことが出来れば

    こういう動作になっているのがクラブワンのトレーニングです。

     

     

     

     

     

     

    興味がある方はトレーナーまでお尋ねください‼

     

     

     

  • 膝のトレーニングについて

     

    こんにちは。

    栗山のトレーナー通信第8作目です。

    お客様によくご質問頂く『膝』のトレーニング方法について

    今回のテーマにしたいと思います!

     

    まず一つ目は太もも前面のトレーニング

     

    椅子に座った状態から片方の脚を上げて、

    膝を10秒間伸ばし、3秒かけてゆっくりと下ろす。

     

     

                

     

     

     

     

     

    左右10回ずつおこないます。

    ※膝が痛む人はあげられるところまでで大丈夫です!

     

    二つ目は太もも内側のトレーニング

    椅子に座って膝と膝の間にボールを挟みます!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    息を吐きながら3秒かけて膝を締める。

    その後、3秒かけて膝を元の位置に戻す。

     

    ポイントはゆっくりおこなうことです!

     

    大腿四頭筋が衰えると、歩くときに膝が曲がった状態になります。

    地面からの衝撃がすべて膝にかかってしまうので判月板を損傷して痛みがでるおそれがあります。

    地味なトレーニングですが、まだ膝に痛みを感じてない膝痛予備軍の人にも

    毎日コツコツと実践していただきたいです!

     

  • ニー・トゥー・チェスト (瀬藤)

    こんにちは!

     

    今回のトレーナー通信は瀬藤が担当させて頂きます。

    どうぞ宜しくお願い致します。

     

    今回のテーマは、ニー・トゥー・チェストについてです。

    ベンチの端に座り、足を少し浮かせた状態から

    膝を胸の方へと引きつける動作をおこないます。

     

    この時、背中と股関節をしっかりと丸めてあげることが

    この種目のポイントです。

     

    背中をしっかりと丸めることで、

    体幹屈曲の主力筋である腹直筋(特に下部)が、

    股関節をしっかりと丸めることで、

    股関節屈曲の主力筋である腸腰筋が、

    それぞれメインターゲットとして鍛えられます。

     

    膝を胸に引きつける際に、

    強く息を吐き出すようにすると、

    筋肉が収縮しやすくなります。

     

    逆に、膝を伸ばす局面では、

    腹筋にしっかりとストレッチが

    かかっていることを確認しながら、

    丁寧に動作をおこなうようにしましょう。

     

     

    強度が物足りないという方は、

    足にダンベルを挟んでおこなうことで、

    いくらでも負荷を調節することが可能です。

2019.07.09
2019年クラブワン夏季休館日スケジュール
2019.06.11
リアルラン特別企画第6弾!! 夏休み「俊足クラブ」開催のお知らせ!!
2019.03.28
2019年クラブワンGWスケジュール
2019.02.14
リアルラン特別企画第5弾!! 春休み「俊足クラブ」開催のお知らせ!!
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter