フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001
REAL RUN
リアルランウェブサイト
YouTube
Instagram
ひとりひとりのクラブワン

トレーナー通信

  • ~ラットマシンについて~(竹林)

    こんにちは。

    今回のトレーナー通信は

    クラブワンマシン「ラットマシン」について

    投稿をしていきます。

     

    以前にも説明をしたこともありますが

    私の中で、ラットマシンはとても難しい

    種目だと思います。

    本来は、背中や肩甲骨の意識をして行いますが

    体調によってはなかなか力感が抜けない状態のまま

    終わることもあります。

     

    少しでも正確にラットマシンを行うにはどうしらよいのか??

    ワンポイントアドバイスとして・・・・・・

     

    :バーを下ろす動作の時に握る力を小指にかける:

     

    基本、親指を外した状態でバーを握るのですが

    どうしても引っ張る動作時は力が入りやすいので

    肩(僧帽筋:上部)に力感が出てくるのです。

    効率良く行うためのテクニックとして試してみてください。

    バーを引きながら握る力を小指にかけることで

    自然に肩甲骨が使われてスムーズな動作が行われるので

    背中に刺激を伝えることができるのです。

     

    少しの意識で身体への負荷は変わってくるのです。

    本当にトレーニングは奥が深いですね!!!!!

     

     

  • 背中の使い方2

    背中のトレーニングについて大事なポイントがあります。

    最大限の動きを出すためには

    「呼吸」が大切です。

    力を出す瞬間に吐くのが身体に力が入りやすいのですが

    背中などのローイング系は力を出す時に吸う方がいいです。

     

     

     

     

     

    理由としては、吸った時のポジションで背中の収縮が入りやすくなるからです。

    吸う時は胸をそらせるでしょう、それは背中が収縮してる証拠なのです。

    背中やローイング系は力を入れる時に「吸う」と覚えておいてください!!

     

     

  • ~インクラインマシン~(竹林)

    !今回のトレーナー通信!

     

    クラブワンマシン種目

    「インクラインマシン」について投稿をしていきます。

     

    以前の投稿で鎖骨の動きはとても大事であり

    その中に、インクラインマシンが効果的なマシンとお伝えしました。

     

    では、どのように良いのか!?

     

    インクラインマシンの特徴としては

    肩鎖関節・胸鎖関節のバランスを整え、小胸筋・烏口腕筋

    肩甲骨を安定させるための筋群トレーニングとして非常に有効的な

    種目の1つなのです。

    そして、形状がフラットではなく傾斜になっているので

    より、鎖骨を使う意識がしやすいようになっています。

     

    肩甲骨周囲の動きも非常に大事なのですが

    まずは、「鎖骨」の動きを体に覚えこませながら

    同時に肩甲骨周囲も動かすことで上肢の不快感の解消・競技力向上・故障改善

    に繋げていくのです。

     

    それだけ、鎖骨が使えることは重要と言えるのです。

     

    一度も行ったことがない方は

    試てみてはいかがでしょうか???

     

    ジムトレーナーにお声掛け下さい!!

    よろしくお願いします。

     

     

     

     

     

     

     

  • 背中の使い方!!

    ラットプルダウンのイメージの持ち方を説明します。

    「腕を使わず、背中を使いましょう」

     

    言葉にすると簡単ですが、実際行うと、

    「 😡❔」

    こんな時私が良く使うのは

    「バーを引きちぎるイメージを持ちましょう。」

    「バーを真ん中からへし折るイメージを持ちましょう。」

    このイメージを持つだけで背中が使いやすくなります。

     

    試してみて下さい!!

  • ~夏季俊足クラブ~(竹林)

    今月のトレーナー通信は

    この7月・8月にイベントで実施をしている夏季俊足クラブ!!

    今回、参加をしている一人のトレーニング内容・様子をご紹介していきます。

     

    「陸上競技:短距離:大学1回生:М君」

    課題は、「スタート動作の改善」になります。

     

    まず、走りの究極は「肩甲骨」「股関節」「骨盤」が

    自動的に連動されて、上から落ちてくる力を前方への力に変換できるかが

    ポイントになります。

     

    課題のスタート動作時は、静止の状態からエネルギーを前方向へ移動できるように

    末端の足首・膝を支えにして、根幹部の股関節・骨盤・背中という順で連結をさせて

    爆発的なスタートに繋げていくことがポイントになります。

     

    下記の写真では、徹底的に「広背筋」「股関節」「骨盤」を使いながら

    実動作に近い中でスクワットトレーニングを軸にして取り組んでいます。

    根幹部を主動に体を動かすことが出来れば、スタート動作に限らず加速に

    乗せるスピードも変わってくるのです。

     

    この期間中に走り方を見直すことも大事ですが、

    試合に出れない時期こそ、身体に対する基礎の中の基礎を徹底的に

    磨き見直してトレーニングと走技術練習を融合させて

    身体のベースアップに取り組んで欲しいですね。

     

    M君にとって、充実した期間になりますように!!

     

     

     

     

     

     

2020.10.16
コラム更新!!
2020.07.23
夏季休館日のお知らせ
2020.06.24
~小・中・高校生限定企画~「夏休み俊足クラブ」開催!!
2020.06.01
弊社感染症対策について
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter