フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001



お客様の声


customer graf.jpg
menu options

REAL RUN

ハイパーアイス

quick access

トレーナー通信

  • ウォーキングについて(竹林)

    運動を行う際に手軽で簡単な運動

    「ウォーキング」

    でもこんなことはありませんか??

    ・息がすぐに上がる

    ・肩が凝る

    ・脚や膝が疲れる

    なぜこのようなことが起きるのか??

     

    それは必要以上に腕を振って歩いたり

    膝を高く上げて大股で歩こうとしているからです。

     

    一見、ダイナミックな動きで運動量はあると思いますが

    ウォーキングとは主に体脂肪燃焼や体質改善、生活習慣病予防に効果的な運動です。

    息が上がったり・痛みが出るようでしたらウォーキングではありません。

     

    長く歩けて、痛みが出ないように歩くには

    *上半身の体幹部が回旋しないこと*

    *着地する足に身体を乗り込ませる*

    この2点がポイントになります。

     

    ウォーキングは必要以上に力を入れないように

    することが大切です。

    これがジョギング・ランニングに繋がってきます。

     

    是非、参考にしてみてください。

    詳しくは竹林までお尋ねください(^^)/

  • 首長族‼(木本)

    「首長族!?」

    「ん、何の話???」

    ウエイトトレーンングを行う際のテクニックなのですが、
    クラブワンのマシントレーニングにも活用できます。

    肩甲骨の「下制」と呼ばれる動きで、肩甲骨を下に押しさげて、

    首が長く見えるようにポジションすることです。

    これが通常☟

    これが首長族☟

    この状態は肩関節と体幹の力を連動させやすく、肩が上がる力みを防ぐ効果があります。

    ディップス、ラット、ベンチプレス、懸垂などの種目で大切なポイントです。

    感覚が分からない方は、ディッピングのマシンを使って肩甲骨を下げるエクササイズを行ってみて下さい。

    詳しくはジムで教えますね~‼

     

  • ダッシュについて(竹林)

    ダッシュで大事なことは

    ほとんどのスポーツに共通する部分があります!!

    接地した足の力を前方向へ変えることができるか??

    これに尽きるのです。

    ただ、ひたすら走り込みをしても身に付きません。

    なので陸上選手は力の方向性を磨くために色々な道具を使ってフィジカルトレーニングが

    主になるのです。

    例えば・・・・・・

    *ミニハードルドリル*

    (腿上げ・スキップ・走り抜けなど・・・・)

    *ハードルジャンプ(ジャンプ系ドリル)*

    内容の目的によりますが上記のトレーニング種目は

    ベーシックなものであり実践しやすい練習になります。

    ミニハードルやハードルを設置し、間の区間の接地時に

    どのように力を前方向に持っていくと進みやすいのかを考えながら

    トレーニングをしているのです!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    地味なトレーニングですがとても重要なポイントになります。

    是非、試してみてください。

    詳しく聞きたい場合は竹林まで

    よろしくお願いします。

  • ひとつ前を見る (木本)

    身体のバランスを変えると言いますが

    バランスはなぜ崩れるのでしょうか?

     

     

    人間の身体は器用なので、うまく使えないところがあっても、何とかしようとします。

    この何とかしようがバランスの崩れなのです。

     

    つまりバランスを改善するとは、何とかしようとした結果を治すのではなく、

    何とかしないといけなかった原因を改善しなければならないのです。

    ひとつ前を見ないといけないんです。

    崩れ方にはある程度パターンがあるので、そのパターンに合わせてメニューを組みます!!

    悩みがあれば何でも相談してください‼

  • ジョギングについて(竹林)

    体力づくり・有酸素トレーニングで

    ジョギングをされる方は多いと思います。

     

    走ってみるとふくらはぎが張る!腰の周りが張ってしまうような

    ことはありませんか???

     

    それはなぜなのか??

    原因として3つの例が挙げられます。

     

    :無理に脚を前に出そうとしている

    :地面を蹴りだしている

    :骨盤・股関節の意識を強調して走っている

     

    *下半身を主体にして走っているからです*

     

    では、どうしたら良いのか???

     

    *腕振りを主体にして連動させることです*

    ジョギング・マラソンこそ

    極力上下動がなく水平移動をして楽に

    省エネルギーで走ることが重要です。

     

    八の字を描くように腕振りをして下半身の動きを

    コントロールすることがポイントです!!!!

     

    更に詳しく深く知りたい方

    竹林まで質問ください!!!

     

    スプリントレッスン以外にも

    楽に省エネルギーで走れるようになる

    パーソナルレッスンも受け付けています\(^o^)/

     

ひとりひとりのクラブワン




2021.09.10
「FitMapマガジン」に弊社施設が特集されました。
2021.08.01
緊急事態宣言に伴う今後の営業について
2021.07.27
夏季休館日のお知らせ
2021.06.30
かけっこ教室開催のお知らせ!!
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter