フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001



お客様の声
menu options
ハイパーアイス
quick access

トレーナー通信

  • 足の早い人の見分け方

    足の早い人はどこが優れているのか??

    誰もが気になるところではないでしょうか??

     

    才能?・筋力??・走り方???

    色々な要素はありますが

     

    1つの考え方として・・・

    *片脚の接地時(立脚期)に頭~足首まで体重が乗れているか!!!!

             ↓ ↓ ↓

     

     

     

     

     

     

     

     

    立脚期に体重が下に潰れないように

    体幹(お腹・骨盤・膝・足首)で負荷を受け止めて

    前方へ推進力を生み出しています。

    =地面を蹴らなくても反発が生まれて反対脚の膝が前に出てスイスイ走れるのです!!

     

    足の早いスプリンターやランナーには

    このような部分がピカイチに優れていると

    考えられます。

     

    是非、日常やテレビで「足の早い選手」と「走ることが苦手な方」の走りを

    見比べてください!!

    なるほどと思いますよ(^^)/

  • 力の共存‼  (木本)

    (力を抜くということについて)

    スポーツをしていてよくありませんか?「力んでしまった。」「力が入ってミスしてしまった。」逆に「リラックスして結果が良かった。」「力まずに練習通りにできた。」このように力まない事の大切さは皆さん感じていると思います。しかし力が抜けているという言葉は意外と奥が深いのです。力が抜けているとは、完全脱力ではなく、出力の中に脱力がある状態、出力と脱力の割合を無意識にコントロールできている状態なのです。出力と脱力のどちらかの力だけが存在するのではなく、そのどちらも存在する「力の共存」と表現すればわかりやすいかもしれません。

     

    クラブワンのマシンも負荷を返す時に力が抜けやすくなる構造になっています。但し間違えやすいポイントがあります。力を抜くために「勢いよく負荷を跳ね返してしまうこと」です。勢いよく負荷を跳ね返すとその直後に負荷が無くなり完全脱力したように感じますが、それでは、力の共存は起こっていません。負荷を返す時は一気に跳ね返すのではなく、徐々に元の位置に戻すように動かしてみて下さい。違う表現をすると、負荷を返す時の力の入り方が、100➡0になるよりも100➡90➡80➡…20➡10➡0になるようにしましょう!!

    こうすることで出力と脱力の割合が徐々に変化する力の共存状態でトレーニングできます。結果、力の抜けた動作を獲得するとともに、筋肉・関節のコンディションが改善されます。

    気になる方はトレーナーまで質問してください!!

     

  • 運動を始める前にすべきこと

    体を作りたい!
    スポーツのパフォーマンスを上げたい!!
    
    トレーニングやスポーツを初めて始めることにあたって
    まず一番最初に皆さんは何から始めますか?
    
    モチベーションが下がらない内に
    トレーニングを開始たり
    スポーツを始めることが多いでしょう。
    
    なんでも取り組み始めは変化があるので
    楽しいものです。
    
    しかし、必ずスポーツ・体づくりでも
    停滞期があります。
    そうなると運動に対するモチベーションが下がり
    長続き出来ずに途中で離脱することがあります。
    
    では、なぜそうなるのか?
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    それは始める前に
    「情報収集」「計画を立てる」「土台を作る」
    この3つが欠けているのです。
    
    「情報収集」
    目的に対して
    何が必要なのか?
    どうようなトレーニング・練習をしていくことが良いのか?
    食べ物はどのような物が良いのか?
    正解、不正解はないので
    まずはどんどん色々なことを頭に情報として入れていきましょう!
    
    「計画を立てる」
    情報収集したことを
    出来る範囲で時期やタイミングを図って
    どのように取り入れていけばいいのか?
    どのような成果が出てくるのか?
    想像をしながら計画を立ててみましょう!
    
    
    「土台を作る」
    情報、計画が出来たら
    あとは体現をしていき取り組んでいくのみ!
    身体の基盤となる部分を作ります。
    必要とする部分だけを反復しています。
    
    これで体づくり、パフォーマンスを上げる条件は揃いました。
    途中での離脱する割合も減ります。
    
    自分なりの習慣、自覚が完成していくのです。
    自分なりに長く続けられる方法を
    考えることが大事になるのです。
    
    今回は運動を始める前にすべきことを
    僕からのアドバイスでした。
  • 股関節のつまりはスクワットで解消!! (木本)

    スクワットは身体を鍛える種目だと思っていませんか?

    確かに体幹や脚などしっかり鍛えられるトレーニングの王様です。

     

    その中でもクラブワンのスクワットは、

    負荷をコントロールする事を重視しています。

    コントロールするとは下降するスピードと上昇するスピードを調節する事。

    受け止める時、負荷を返す時に粘っこく動くイメージです。

    力を入れるだけではなく、負荷を柔らかく受け止めることを意識しましょう!!

    筋トレをしているようでコンディショニングを行ったような効果が期待できます。

    股関節の硬さに悩んでいる方は軽い負荷からでもいいのでスクワットしましょう!!

     

     

     

  • 走りのポイント(竹林)

    競技スポーツを行う中でトレーニング時に

    走ることは多いのではないでしょうか??

     

    陸上短距離選手のような爆発的なダッシュ力を身に付けるには

    かなりの技術・走り込みが必要になりますが

    他競技のダッシュ・ランニングトレーニング時に

    効率よく走れるポイントをお伝えします。

     

    1・腕振りと脚の切り替え(シザース動作)タイミングが合っているか

     

    2・身体の反動(反発)を感じる軸が確保できているか

     

    非常にシンプルですがこの2点が大事になります。

     

    歩幅が狭いから大きく走ろう

    ダッシュ力がないからもっと素早く動かそう

    もっと膝を高く上げよう

    など・・・・・・・・

    余計に力が入って逆に疲れる・前に進まない

    どのスポーツもそうですが

    考えれば考えるほど悪循環なことが

    起きるケースが多く見られます。

     

    走ることもまずはシンプルにです。

     

    身体に抵抗をかけないようにスキップをやってみましょう!!

    スムーズに前に進むことが出来たらそれがあなたにとっての

    走りに必要な2つのポイントをクリアしたことになります。

     

    当たり前なスキップですが身体能力をコントロール出来る

    万能エクササイズなのです。

ひとりひとりのクラブワン




2021.06.17
夏季限定7月・8月イベントのお知らせ!!
2021.05.15
ハイパーボルト体験会のお知らせ!!
2021.04.24
緊急事態宣言に伴う今後の営業について
2021.04.21
クラブワンニュース‼
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter