フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001



お客様の声
menu options
ハイパーアイス
quick access

トレーナー通信

  • ひとつ前を見る (木本)

    身体のバランスを変えると言いますが

    バランスはなぜ崩れるのでしょうか?

     

     

    人間の身体は器用なので、うまく使えないところがあっても、何とかしようとします。

    この何とかしようがバランスの崩れなのです。

     

    つまりバランスを改善するとは、何とかしようとした結果を治すのではなく、

    何とかしないといけなかった原因を改善しなければならないのです。

    ひとつ前を見ないといけないんです。

    崩れ方にはある程度パターンがあるので、そのパターンに合わせてメニューを組みます!!

    悩みがあれば何でも相談してください‼

  • ジョギングについて(竹林)

    体力づくり・有酸素トレーニングで

    ジョギングをされる方は多いと思います。

     

    走ってみるとふくらはぎが張る!腰の周りが張ってしまうような

    ことはありませんか???

     

    それはなぜなのか??

    原因として3つの例が挙げられます。

     

    :無理に脚を前に出そうとしている

    :地面を蹴りだしている

    :骨盤・股関節の意識を強調して走っている

     

    *下半身を主体にして走っているからです*

     

    では、どうしたら良いのか???

     

    *腕振りを主体にして連動させることです*

    ジョギング・マラソンこそ

    極力上下動がなく水平移動をして楽に

    省エネルギーで走ることが重要です。

     

    八の字を描くように腕振りをして下半身の動きを

    コントロールすることがポイントです!!!!

     

    更に詳しく深く知りたい方

    竹林まで質問ください!!!

     

    スプリントレッスン以外にも

    楽に省エネルギーで走れるようになる

    パーソナルレッスンも受け付けています\(^o^)/

     

  • ハイパーボルトについて‼ (木本)

    整骨院での治療にも使われるハイパーボルト。

    細かい振動は筋肉をほぐすだけでなく、関節面を動かすことが出来る優れものです。

    緊張が強く、こわばっている関節は動きが出にくくなっています。そこで、その部位に細かい振動を当てることで、関節面を揺らし、関節運動自体を滑らかにします。この関節の動きが改善された状態でトレーニングをすることで筋肉が正しく動きやすくなり、機能が改善します。

    それだけではありません。

    例えば股関節の動きが良くなった状態でスクワットを行うとしましょう。左右のバランスが良くなるだけでなく、しっかりしゃがむことも出来るようになります。これが何を意味するか分かりますか?トレーニングの効率が上がるのです。筋肉も付きやすくなり、代謝も上がります。脂肪燃焼効果も上がります!!

    いいことばかりですね~。

    ハイパーボルトだけではすぐ元に戻るので要注意ですよ。トレーニングと組み合わせるから効果倍増なんですよ(笑)。

  • 足の早い人の見分け方

    足の早い人はどこが優れているのか??

    誰もが気になるところではないでしょうか??

     

    才能?・筋力??・走り方???

    色々な要素はありますが

     

    1つの考え方として・・・

    *片脚の接地時(立脚期)に頭~足首まで体重が乗れているか!!!!

             ↓ ↓ ↓

     

     

     

     

     

     

     

     

    立脚期に体重が下に潰れないように

    体幹(お腹・骨盤・膝・足首)で負荷を受け止めて

    前方へ推進力を生み出しています。

    =地面を蹴らなくても反発が生まれて反対脚の膝が前に出てスイスイ走れるのです!!

     

    足の早いスプリンターやランナーには

    このような部分がピカイチに優れていると

    考えられます。

     

    是非、日常やテレビで「足の早い選手」と「走ることが苦手な方」の走りを

    見比べてください!!

    なるほどと思いますよ(^^)/

  • 力の共存‼  (木本)

    (力を抜くということについて)

    スポーツをしていてよくありませんか?「力んでしまった。」「力が入ってミスしてしまった。」逆に「リラックスして結果が良かった。」「力まずに練習通りにできた。」このように力まない事の大切さは皆さん感じていると思います。しかし力が抜けているという言葉は意外と奥が深いのです。力が抜けているとは、完全脱力ではなく、出力の中に脱力がある状態、出力と脱力の割合を無意識にコントロールできている状態なのです。出力と脱力のどちらかの力だけが存在するのではなく、そのどちらも存在する「力の共存」と表現すればわかりやすいかもしれません。

     

    クラブワンのマシンも負荷を返す時に力が抜けやすくなる構造になっています。但し間違えやすいポイントがあります。力を抜くために「勢いよく負荷を跳ね返してしまうこと」です。勢いよく負荷を跳ね返すとその直後に負荷が無くなり完全脱力したように感じますが、それでは、力の共存は起こっていません。負荷を返す時は一気に跳ね返すのではなく、徐々に元の位置に戻すように動かしてみて下さい。違う表現をすると、負荷を返す時の力の入り方が、100➡0になるよりも100➡90➡80➡…20➡10➡0になるようにしましょう!!

    こうすることで出力と脱力の割合が徐々に変化する力の共存状態でトレーニングできます。結果、力の抜けた動作を獲得するとともに、筋肉・関節のコンディションが改善されます。

    気になる方はトレーナーまで質問してください!!

     

ひとりひとりのクラブワン




2021.07.27
夏季休館日のお知らせ
2021.06.30
かけっこ教室開催のお知らせ!!
2021.06.23
入会キャンペーン‼
2021.05.15
ハイパーボルト体験会のお知らせ!!
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter