フィットネスCLUB ONE (クラブワン)大阪 TOPページ

お問い合わせ:06-6567-7001
REAL RUN
Twitter
ひとりひとりのクラブワン

日常レポート

  • サーフィンTさんのトレーニング

    IMG_7283  IMG_7289

    サーフィンで全日本出場の経験を持つ、Tさん。

    クラブワントレーニングを始められて3年になります。

    トレーニングを始められた当初は、に強い痛みがあり、サーフィンも満足に出来ない状態でした。そこで、痛みの原因となっていた股関節の硬さを取り除き、痛みを緩和させることに成功しました。

    サーフィンのような不安定な足場で行われるスポーツでは足首に対しての負担が大きく、特に股関節の硬化が激しい方はこれらの関節を痛める可能性が非常に高いです。

    股関節の動きを改善し、様々なポジショニングを可能にしておくことで、身体への負担は大きく軽減されます。

    写真右の横向きレッグプレスでは上体を側屈させることで、股関節の深層筋群にアプローチ出来るため、股関節の動きは大きく向上します。

    またパドリング時の腹這いになった姿勢では腰椎や頸椎に対しての負担も大きく、これらを改善するために来館されているサーファーの方も多くいらっしゃいます。

    長年出来るスポーツだからこそ、身体を常にいいコンディションに保ち、痛みや不快感なくサーフィンしたいですね!!!

    Tさん!!もう一度全日本目指して頑張って下さい!!

  • 陸上短距離 長江無我さんのトレーニング

    IMG_7257  IMG_7272

    陸上競技100メートルの長江無我さん。

    シーズン早々から10秒台で走られ、好調のようです。

    以前はウェイトトレーニングを中心にされていて、現在と比べてもトレーニングと競技が結びついていないように見受けられました。

    クラブワンでは肩甲骨・股関節をメインに動き作りを実施してもらい、これらの連動制を高めることで、走動作の向上を目指しています。

    写真左のインナーサイ捻りでは上半身のポジショニング(腕の置く位置)によって股関節の内旋動作が強調されます。上半身と下半身の連動制が理解しやすい種目ですね。

    写真右の前傾ディップスでは股関節伸展による重心の移動と同時に、肩甲骨の回旋動作を行い、走動作時の正しい身体動作を覚え込ませます。

    一つの部位を単独で取り上げてトレーニングするのではなく、その部位がその他の部位とどのような連動制をもち、動作が行われるのかを考えなければいけません。

    トレーニングは連動制なしでは考えられないのです。

     

  • 陸上短距離 江戸さんのトレーニング

    IMG_7231  IMG_7211

    陸上競技100mの江戸玲来さん。

    咲くやこの花中学3年生で、リレーで全国大会優勝と中学日本記録を狙っています。

    クラブワンでは肩甲骨股関節の動きを良くすることをメインにトレーニングしています。

    機能的な肩甲骨と股関節をトレーニングでつくり上げ、リアルランで走りのいい感覚を磨きます。

    クラブワンのトレーニングは特に筋肉の収縮様式が実際の動作に近く、リズミカルに伸び縮みを誘導してくれます。またトレーニング動作中に筋肉が弛緩する局面を長くとれるということが、加速的な身体さばきを可能なモノにするのです。

    瞬発的な動作を身に付けようとして、単純にスピードを高めた筋トレなどをされる方が多いですが、本質的な瞬発力とはそのような方法では高まりません。動作中に正しく筋肉の収縮が行われ、筋肉の緊張時間を限りなくタイムリーにそして、短いものにするべきです。

    クラブワントレーニングは本質的な瞬発力を高める、という意味でも、大きな効果を期待できます。

    そしてトレーニングの仕上げにリアルラン。トレーニングと動き作り、これらは常にセットとして考えるべきですね。

    江戸さん!!全国大会での活躍期待しています!!!

  • サッカー秋太郎君のトレーニング

    IMG_7171 IMG_7173

    サッカーの秋太郎君。

    成長と共に扱うことの出来るマシンが増えてきました。

    つい最近まで膝に痛みがあり、競技や下半身のトレーニングを中断せざるを得ない状態でしたが、かなり良くなってきているのが、トレーニングの動きからも読み取れます。

    写真右のレッグプレスでは座席の角度によって骨盤が立ち上がり、負荷をではなく股関節で受け止めることを身体に覚え込ませます。

    このようなポジショニングで負荷を受け止めていると、大腿前面の筋肥大を極力ミニマムに抑えながら、大腿後面の出力を向上させることが可能となります。

    股関節からハムストリングにボリュームがあって、膝まわりやふくらはぎはシャープな状態、正しく、機能的な動きを追い求めて行くと、身体バランスは必ずこのような状態にたどり着くでしょう。

    秋太郎君!!これから出来る種目がどんどん増えるから、頑張っていこう!!

  • 肩こり・腰痛~Iさんのトレーニング~

    IMG_7145 IMG_7157

    肩こり・腰痛の改善と身体のバランスを整えることを目的にトレーニングされているIさん。

    クラブワントレーニングを始められて、4ヶ月。身体の変化はいかがでしょうか?

    肩甲骨股関節といったコアな関節は、硬化が強ければ強いほど意識することが難しく、動かしている実感がぼやけてしまいます。

    特にスポーツをされていない方は、肩甲骨股関節を動かすといってもピンとこない方が多いのではないでしょうか?

    クラブワントレーニングは身体運動において最も重要な肩甲骨股関節を中心に正しい動かし方を覚えさせ、機能的な身体を手に入れていただくことが目的です。

    写真のように、トレーナーが肩甲骨や股関節に動きの補助をすることで、意識が高まりやすく、関節を動かすイメージが掴みやすくなります。

    日常生活の何気ない動作において、肩甲骨股関節に意識を持てるだけで生活の質は大きく向上するでしょう。

     

2017.06.10
夏季休館日について
2017.06.10
愛媛総合科学博物館にて新リアルラン試乗イベントを行います!
2017.04.25
GW中の営業時間について
2017.04.18
木本トレーナーのゴルフblog開設しました!
無料体験・見学実施中
お客様の声Q&AFacebookTwitter